【最新】2021年12月ドライバー売れ筋ランキングTOP10 ゼクシオ最新作が1・2位独占!

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2021年12月1日〜31日の1か月で最も売れたドライバーをランキング形式でご紹介します。ゴルファーにいま最も注目されているドライバーはどれか、ぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています(ただし、レディースモデルは除く)。

1位:ダンロップ「ゼクシオ12 ドライバー」

ゼクシオ 12ドライバーに新しくアクティブウイングというテクノロジーが搭載されました。

クラウン上に少し突起があり、ダウンスイング時にヘッドがブレる「遠心力」と「空力」をコントロールして、トゥダウンを抑えることでミート率を高める効果があります。

リバウンドフレームというテクノロジーも搭載。

フェース面をたわませてカップフェースを支える部分をしっかり固めつつ、すぐ後ろの部分にさらにたわむゾーンを作り、ボディ全体を硬くしています。たわむエリアと支点となるエリアを交互に配し、反発性能を高め、ボール初速に変換する技術です。

ボール初速に繋がりやすいので、パワーがない人でも飛距離が出やすいようになってます。

2位:ダンロップ「ゼクシオエックス ドライバー」

ゼクシオ 12と同様に、アクティブウイング・リバウンドフレームは共通のテクノロジーとして搭載されてます。

ゼクシオ 12との相違点は、ゼクシオシリーズで初めて弾道調整機能(QTSスリーブフィッティングシステム)が搭載されたところです。

調整できるものはフェース角・ライ角・ロフト角の3種類。ドライバーの調整や、楽しみ方の幅が広がる機能です。

ゼクシオ エックス ドライバー(2021)

3位:PING「G425 MAX ドライバー」

MAXという名前が示すとおり、ヘッドのサイズも460ccで大きくなり、慣性モーメントも大きくなっています。ヘッドが大きくて重心も後ろに下がって慣性モーメントも大きいものの、以前のPINGのドライバーと比べると球がつかまります。

G425 MAXは、球が上がりやすくつかまる傾向があり、スピンも少なめで初速も出ます。一般的なアベレージ層のゴルファーが、いきなりコースに持っていって結果が出るドライバーでしょう。

4〜10位のドライバーもチェック!

4位:ブリヂストン「B2 ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:約298g
ロフト角:9.5°、10.5°
クラブ長さ:45.25インチ
5位:テーラーメイド「SIM2 MAX ドライバー」

ヘッド体積:460°
クラブ重量:295g(R)
ロフト角:9°、10.5°、12°
クラブ長さ:45.25、45.75インチ
6位:ヤマハ「RMX VD59 ドライバー」

クラブ重量:約299g
ロフト角:9.5°、10.5°
クラブ長さ:45.5インチ
7位:テーラーメイド「SIM2 MAX-D ドライバー」

ヘッド体積:460°
クラブ重量:294g(R)
ロフト角:9°、10.5°、12°
クラブ長さ:45.75インチ
8位:キャロウェイ「EPIC SPEED ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:299g(R)
ロフト角:9°、10.5°
クラブ長さ:45.5、45.75インチ
9位:ヤマハ「RMX VD ドライバー」

クラブ重量:約302g
ロフト角:9.5°、10.5°
クラブ長さ:45.5インチ
10位:タイトリスト「TSi3 ドライバー」

ヘッド体積:460cc
クラブ重量:301g(S)
ロフト角:8°、9°、10°
クラブ長さ:45、45.5インチ
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧