アッパーブローをマスターして飛距離を稼ぐ!

Gridge(グリッジ)

【photo-ac】

ドライバーでの飛距離をもっと伸ばしたい、という時にプロも実践しているのがアッパーブロースイングです。
特に、多くの女子プロは普段からアッパーブローでドライバーショットを放っています。
アッパーブローを身に付けて、ドライバーの飛距離をアップさせましょう!

アッパーブローって……何?

アッパーブローが飛距離を伸ばすのにいい、というのはなんとなく聞いたことがあるけど、結局のところどんなスイングのことなの? という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
アッパーブローとは、スイングした時に最下点を過ぎてからクラブヘッドが上がり始めたところでボールを打つ打ち方のことです。
おもにティーグラウンドで使う打法で、初心者の方は自覚のないままアッパーブローで打っているケースが多いかもしれません。
アイアンがダウンブローが基本と言われることに対し、ドライバーの基本と表現されることもあります。

アッパーブロースイングのポイントとは?

アッパーブローは振り切ることが大切です。ヘッドを振り遅らせないようにします。
特に「遠くに飛ばしたい、今度こそ飛距離を伸ばすんだ!」という気持ちはすべて捨て、ヘッドをスムーズに振る、ということに意識を集中させてください。
構え方は変えずにボールをいつもよりボール1個分程度体の左に置いてスイングします。
ボールの位置だけを変えてドライバーでいつもどおりに打つというのが、もっともシンプルなアッパーブローのやり方です。
アッパーブローは基本的にドライバーでのショットが基本です。
気持ち良く打てるように普段から練習しておきましょう。

アッパーブローとダウンブロー、実は同じ?

アッパーブロースイングは、ドライバーでスイングした時にクラブヘッドが最下点を過ぎてヘッドが上がり始めたところでボールを打つのですが、ダウンブローは最下点にいく直前のところでボールを打つところが一番大きな違いです。
基本的には同じスイングですが、ボールを打った後にクラブヘッドが最下点を通過するのか、最下点を通過した後にボールを打つのかの違いでダウンブローかアッパーブローかに分かれます。
つまり、スイング中の「どこでボールを打つのか」ということの違いだけで、実はスイング自体はそれほど大きく変わるわけではありません。
なので、必要以上にダウンブローに打とうとするとボールの手前をダフってしまったり、必要以上にアッパーブローに打とうとして、やはりボールの手前の地面にクラブヘッドが当たってしまったりすることがあります。
必要以上に意識しないことも重要です。

アッパーブローでボールを思いっきり飛ばす!

ドライバーでのアッパーブローは飛距離が伸びやすくなります。
ボールの打ち出し方向とスイング軌道が近くなることでインパクト効率が良くなる上に、打ち出し角度も高くなるので、高弾道低スピンの「飛ぶ弾道」になりやすくなります。
しかしその反面、失敗するとトップやダフりのミスショットが増えやすくなるので、普段の練習でしっかりとアッパーブローで打つことを練習して、本番ではあまり意識し過ぎないで打てるようにすることが、飛距離アップにつながります。
最初のうちはコントロールも不安定になってアッパーブローはやめたほうがいいのかな、と感じることもあるかもしれませんが、正しいインパクトをマスターしてフォロースルーを高い位置に収めるようにすると、気持ち良く飛距離を伸ばすことができます。
ボールを気持ち良くスカッと飛ばすことができると今以上にゴルフが楽しくなりますので、ぜひマスターしてくださいね!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧