頑張りすぎNG!間違った有酸素運動では痩せないってホント??

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

「有酸素運動(ランニングやサイクリング)を続けているけれど、なかなか痩せられない」

このようなお悩みをお持ちの方は、もしかすると有酸素運動のやり方が間違っているのかもしれません。有酸素運動には正しい方法があり、間違ったやり方で行うとダイエット効果は半減してしまうといわれています。

※リンク先は外部サイトの場合があります

1.有酸素運動とは?

【︎(c)CoCoKARAnext】

運動は大きく2つに分けることができます。

1つ目は有酸素運動。軽〜中程度の負荷を継続的にかける運動のことで、ジョギングやウォーキング、水泳などです。酸素をエネルギー源とし、20分以上継続することで脂肪燃焼効果が期待できるといわれています。

2つ目は無酸動運動。短時間に強度の高い運動をすることで、筋トレや短距離走などです。

酸素を使わずに糖をエネルギー源として利用し、筋肉を動かすためのエネルギー作り出すことから無酸素運動と呼ばれています。

どちらの運動も正しくおこなえばダイエット効果は期待できますが、間違った方法ではその効果は半減してしまいます。今回は有酸素運動について詳しくご説明します。

2.体重を落としたいなら有酸素運動!だけど…

【︎(c)CoCoKARAnext】

体重を落とすのなら有酸素運動が適しているとされています。ダイエットを目標に意気込んで、自分を追い込んでいる方も多いでしょう。しかし、激しい有酸素運動は禁物です。

2-1.激しい有酸素運動は脂肪が燃焼されない
有酸素運動は、十分な酸素を使って行われます。つまり、しっかり呼吸ができる運動ということになります。

「ゼェゼェ、ハァハァ」と息切れを起こすような運動は、有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまいます。

2-2.激しい有酸素運動は筋肉も落ちる
激しい有酸素運動は、筋肉量も落としてしまうといわれています。筋肉量が低下してしまうと、基礎代謝が落ちて痩せにくいからだに…。

基礎代謝とは、ヒトが生活するうえで最低限必要なエネルギー消費量のことです。普段の生活の代謝が落ちてしまうと、なかなかダイエットが成功しないからだになってしまうので注意しましょう。

3.ダイエットに効果的な有酸素運動とは?

【︎(c)CoCoKARAnext】

激しい有酸素運動は、ダイエット効果が得にくいことをお伝えしましたが、ここからは、正しい有酸素運動についてご紹介していきます。

3-1.有酸素運動のポイント
有酸素運動のポイントは、鼻歌を口ずさめるくらいの負荷で運動することです。歌いながらできる強度なら、十分に酸素を補給しながら運動ができて、脂肪燃焼効果も高まるとされています。

また、からだや息もしんどくならないので、20分以上の運動も可能となります。低負荷で20分以上の長時間運動をすることが、有酸素運動で大切な点です。

3-2.ダイエットに適している有酸素運動
ダイエットに適している有酸素運動としては、散歩・ジョギング・自転車・縄跳び・水泳・ヨガ・体操などがあります。自分の好みの運動種目を選んでみてください。

3-3.ダイエット目的なら漢方もおすすめ(情報提供:あんしん漢方)

【︎(c)CoCoKARAnext】

「有酸素運動だけじゃ物足りない」
「運動はやっぱり面倒」

そんな方には漢方薬がおすすめです。

自然由来の漢方薬は、症状の緩和と体質改善を目指す医薬品として効果が認められています。「運動不足による肥満」「食べ過ぎによる肥満」「ホルモンバランスによる肥満」などへのアプローチにより、効果を発揮します。

漢方薬は、理想的な心とからだへ導くことを目的としている点が特徴です。漢方薬は体質の改善に働きかけるため、リバウンドを繰り返したくない方への痩せやすい体質づくりには最適といえるでしょう。

さらに、健康に気を遣う方の体質改善にも漢方薬はおすすめです。「バランスの取れた食事や運動などを毎日続けるのは苦手」という場合でも、漢方薬なら毎日のむだけ。これなら、手間なく続けられますね。

<脂肪代謝をサポートする漢方薬>

・大柴胡湯(だいさいことう)
気の巡りを促してストレスを低減させ、便通も解消します。からだの余分な熱を取り除き、肝のはたらきをよくして、脂質代謝を改善します。高血圧や肥満に伴う肩凝り・頭痛にも使用できます。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
血流や水分代謝を促し、からだ全体の巡りを整えます。便や汗などで、不要物を体外へ排出しからだを軽くします。脂質代謝機能を改善し、ため込んでいる脂肪を減らすのに役立ちます。

ただ、注意したいのは、漢方薬は自分に合っているか否かがとても大切だということです。自分の今の状態に合っていない場合は、効果がないだけでなく、お金を払ったのにからだへのダメージ(副作用)を受ける場合もあります。購入の際には、漢方に精通した医師、薬剤師等にご相談することをおすすめします。

4.正しい有酸素運動でダイエットしよう!

今回は有酸素運動の正しい行ない方についてご紹介しました。ダイエットはついつい頑張り過ぎてしまうものですが、激しい有酸素運動は効果が半減してしまいます。息が切れない程度の低負荷運動で、脂肪をゆっくり燃焼させていきましょう。

また、脂肪代謝をサポートする漢方薬についても触れました。気になった方はぜひ、専門家に相談してみてくださいね。

[文:あんしん漢方]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧