どのモデルがおすすめ?2022年テーラーメイド最新作「ステルス」ドライバー3モデル

スポナビGolf

【スポナビGolf】

待望のテーラーメイド2022年新モデル「ステルスシリーズ」が発表されました。そこで今回はゴルフライターの鶴原弘高さんに、ステルス ドライバー3モデルをまとめて解説していただきました。

ステルス シリーズ:ドライバーの特徴

発表前から話題騒然だったドライバーがテーラーメイドから発売されました。ステルス シリーズには3モデルあります。

【スポナビGolf】

一番スタンダードなモデルが、ステルス ドライバー。

【スポナビGolf】

球のつかまりをよくした、ステルス HDドライバー。HDはハイドローの頭文字です。

【スポナビGolf】

もう1つがセレクトフィットストア限定販売のステルス PLUSドライバーです。

【スポナビGolf】

ステルス シリーズのドライバーの一番の特徴は、カーボン素材になった新しいフェース(60Xカーボンツイストフェース)です。

60層のカーボン繊維を重ね合わせて、その上にポリウレタンのコーティングをしている構造になってます。フェース全面にポリマーコーティングを施すことで、どのような状況下でも最適なスピン量を可能としました。

そしてカーボンにすることで、これまでのチタンなど金属性のフェースよりかなり軽量化されています。

これまでのゴルフクラブは、ドライバーのフェース面にかなり重量を持っていかれていたので、他のトップ部分のクラウンやソールの一部をカーボンにすることによって、なんとか余剰重量を見出してヘッドのいろんな所に配置していました。

今回カーボンフェースにすることで軽くなり、他の部分に設計段階で重量を配置できるようになったことがとても大きいです。

【スポナビGolf】

赤いフェースですが、構えてみると思ったほどは気にならない人がほとんどだと思います。

【スポナビGolf】

赤いのでよりフェースのロフトがついてるように見えるかもしれないです。これまでのSIM2は白と黒のツートンカラーでしたが、ステルスは全部ブラックになってます。それによって少し今までよりもヘッド自体が引き締まって見えます。

構えるとよりシャープになったとプラスの印象に取る人もいれば、何かちょっと難しそうになったと感じる人がいて前の方が良かったと感じる人がいるかもしれません。

ステルス ドライバー:3本の中でスタンダードなモデル

【スポナビGolf】

スタンダードなモデルのステルス ドライバーは、前作で言うとSIM2 MAXとSIM2ドライバーのちょうど中間くらいかなという印象です。

SIM2 MAXはとてもよく売れたドライバーだったんですが、それと比べると少しスピン量が減ってる印象です。

打感はステルスの方が食いつき感があり、気持ちよく飛ばせる人がいると思います。ただし全体的な寛容性、球の上がりやすさとかを比べるとSIM2 MAXの方がやさしかったなという人は少なからずいるような気はします。

【スポナビGolf】

ステルス HDドライバー:3本の中で一番つかまるハイドローモデル

テーラーメイドのドライバーは基本的にはアスリート向けのものが多いので、球のつかまりが真っ直ぐから少しフェードのモデルばかりなのですが、HDは少しだけヒール側に重量が寄ってます。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

本当によく見ると分かるんですけど、若干イナーシャジェネレーターと名付けられているウェイト部分を全体的にヒール側に設置することで、スタンダードなステルス ドライバーよりも高弾道で、ドローというより右に出にくい印象です。

スタンダードなモデルで真っ直ぐ打ち出しづらく右に出る人は、HDを使うとちょうどいい球のつかまり具合になってくれるモデルでしょう。右に出したくない人はHDドライバーがいいと思います。

【スポナビGolf】

HDは前作でいうとSIM2 MAX Dの後継になるので、前作SIM2 MAX Dが良かったという人は間違いなくステルスでもHDを選ぶといいと思います。

【スポナビGolf】

ステルス PLUSドライバー:アスリート向けモデル

【スポナビGolf】

セレクトフィットストア限定販売のステルス PLUSドライバーは、フェースの直ぐ後ろ側に、左右方向に重心位置を変更できる10gのスライディングウェイトを搭載しているのが特徴です。

弾道調整や振り心地の調整をするためのウェイトですが、フェース側が重くなっているのが特徴かなと思ってます。

ここにウェイトがあることによって、浅重心になってヘッドスピードが速い人ほど速く振れる感覚が得やすいと思います。ヘッドスピードが速い人が一番飛ばせるのが、このPLUSドライバーです。

【スポナビGolf】

前作のSIM2ドライバーと比べても少しスピンは落とせると思います。

【スポナビGolf】

ステルス ドライバー:スピン量からみる選び方

【スポナビGolf】

モデル別のスピン量はこのステルスのPLUSが一番少なく、スタンダードモデルは約2〜300回転くらいスピン量が多くなります。HDになるとそれよりさらに2〜300回転くらいスピン量が多くなるイメージです。

スピンが多くなるとマイナスイメージに捉える方が多いのですが、決してそうではなくてスピンというのは球を上げてくれるものです。

球が上がりづらいとか、もともとスピン量が少なくてドロップしがちな方は、むしろPLUSよりもスタンダードを使った方が適正なスピン量を得られて飛ばしやすいかもしれません。

スタンダードなステルスでスピンが多すぎる人にはPLUSを使ってもよいでしょう。

ステルス ドライバーのすごいところ

今回のモデルはカーボンフェースが一番の特徴です。実は過去にテーラーメイドからもカーボンフェースのドライバーというのは出てますが、あまり人気がなくてそれほど話題にもなりませんでした。そのカーボンフェースをワールドワイドのフラッグシップモデルにも搭載してきたところがすごいです。

さらに、ゴルファーが気にする打感まで兼ね備えてきている優秀なプロダクトだなと思います。

ぜひ皆さんも機会があれば試打をして、性能を確かめて欲しいと思います。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧