食欲に悩むあなたに〜MCTオイルダイエット〜

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 ダイエットに必須の「食欲コントロール」。でも、食欲コントロールってなかなか難しいですよね。

この記事では、「食欲コントロール」を助ける油、その名も「MCTオイル」についてご紹介したいと思います。

※リンク先は外部サイトの場合があります

糖質制限と相性ピッタリ!【中鎖脂肪酸】

 「ダイエット成功術〜初級編〜」でお話したように、食欲を必要以上に増幅させてしまう原因となりやすいのが「糖質」。

この糖質を制限することが、ダイエットの肝となる食欲コントロールの成功に繋がります。

実は、更なるダイエット効果アップを狙っていくために、この「糖質制限」と相性ピッタリのダイエットアイテムがあるんです。

それは、「中鎖脂肪酸」という油です。

中鎖脂肪酸とは

【︎(c)CoCoKARAnext】

「中鎖脂肪酸」とは天然成分由来の脂肪酸の1つで、話題のココナッツオイルにも含まれている成分です。

オリーブオイル、ごま油、エゴマ油、サラダ油など、一般に使われているほとんどの油は、「長鎖脂肪酸」という油に分類されます。この長鎖脂肪酸は、エネルギーとして力を発揮するまでに時間がかかるため、脂肪として蓄積されやすい性質を持っています。

一方、「中鎖脂肪酸」は体脂肪として蓄積しにくく、ケトン体という脂肪燃焼成分の構築を促してくれるため、ダイエットをする人からはもちろん、結果を追求するビジネスマンやアスリートからも人気を集めています。

ただし、この「中鎖脂肪酸」が含まれるというココナッツオイルも、実は中鎖脂肪酸の含有量は約60%で、残りの約40%は他の脂肪酸で構成されているというのが実情です。

そこで、今回ご紹介したいのが「MCTオイル」!この「MCTオイル」は、なんと中鎖脂肪酸100%であるため、ココナッツオイルよりもはるかにダイエットの効果をあげてくれるものになります。

「糖質制限」と「中鎖脂肪酸」

この2つの組み合わせが、体のいたるところで良い変化を起こしてくれるのです。

「糖質制限」×「中鎖脂肪酸」の3つのメリット

1.お腹が空かない体質に大変身
MCTオイルが体内で作り出す「ケトン体」には、満腹中枢を直接刺激し、食欲を抑える働きがあります。そのため、食欲に振り回されてなかなかダイエットに踏み込めない方にオススメです!比較的早く、その効果が実感できるはずです。

2.脂肪を効率よく燃焼してくれる!
先ほどもお話した「ケトン体」とは、体の各部分にある脂肪をエネルギーとして使っていく体質を作ってくれます。本来体のエネルギーとして使われているのが「糖質(ブドウ糖)」。糖質制限で「ブドウ糖」が作られない代わりに、「ケトン体」が脂肪をエネルギーとして使ってくれるわけです。また、ケトン体を作り出すことで脂肪代謝が優位となり、筋肉の代謝が軽減します。よって、筋肉もキープしつつ脂肪だけを落とすことができるのです。

よく女性の方に「体重も減らしたいから、筋肉が落ちても構わない!」という方もいらっしゃいますが、ダイエット中でも筋肉はキープする事をお勧めします。筋肉が減ると、基礎代謝が減り、消費エネルギーが減ることで、痩せにくい体質になってしまいます。また、筋肉に張りがないとボディラインはキレイに見えませんね!

「糖質制限」と「中鎖脂肪酸」の組み合わせによって、筋肉はキープしながらダイエットをしていきましょう。

3.体調不良が改善される
MCTオイルは、私たちが本来持つ身体の正常な働きを取り戻す効果も持っています。

具体的な効果としては、代謝が良くなり、血流も改善され、神経系・内分泌系・免疫系などいろんな体のシステムの機能向上がみられます。何より、「止まらない食欲」に悩まされずにダイエットが出来るようになるのはうれしいですよね!

体調改善の例としては、例えば

・便秘解消
・冷えの改善
・むくみ改善
・ぐっすり眠れる
・生理痛が軽くなる
・肌へのトラブル解消

また、精神面においても

・イライラがなくなる
・気持ちが前向きになれる
・脳がさえて仕事の効率が上がる

など、心の安定も大きくサポートしてくれます!

その他にも、

・免疫力が上がる
・メタボリックシンドロームなどの生活習慣病が改善する

といったように、医学でも今注目されているアイテムなのです。

MCTオイルの摂取方法

 MCTオイルでダイエットをする場合、まずは糖質をオフにすることが効果的です。初めての方は、夕食だけ「糖質オフ」から始めても良いかもしれません。1日の炭水化物を約80g(初心者の方は、約130g)に抑えられると、ケトン体が働きやすくなります。

MCTオイルは、味や匂いがなくサッパリした油なので、お料理や飲み物にかけたり、混ぜたりして簡単に摂ることが出来ます。

※揚げ物や炒め物のように使うと、一般的な油より低温で煙が出て、泡立ちが起こり大変危険です。炒め物などに使うときは、仕上げにかけたり、あえたりして使いましょう。

料理に使用する際の目安量

【︎(c)CoCoKARAnext】

1日あたりのMCTオイルの目安摂取量は、30g。
朝、昼、晩 と1食につき7〜10gを目安にかけていきましょう!

※MCTオイルは、消化吸収が極めて早い為、一度に大量に摂るとお腹がゆるくなったり、胃痛を感じたりする場合があります。(特にMCTオイルが身体に慣れていない初めの段階では、そういった症状が出やすい場合があります)そのようなときには、少量(5g程度)から摂っていいくようにしていきましょう。

おススメの調理方法
無糖の豆乳(調整豆乳 ・ 無調整豆乳)のものに、MCTオイル(7〜10g)加え20〜30秒程度、十分に混ぜ合わせてオイルドリンクとして飲むと美味しいです。また、味噌汁やコーヒーにも相性バッチリ!!味がマイルドになってより美味しくなります。

おわりに

 「糖質制限」と組み合わせることで、更なるダイエット効果を引き出してくれる「MCTオイル」。適切な分量を摂取していくことで、きっとあなたのダイエットの味方になってくれるはずです!

ぜひ、一度試してみてください。

[文:DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川) パーソナルトレーニング]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧