アプローチは順目と逆目で打ち分ける!打ち方のコツは?

Gridge(グリッジ)

【photo-ac】

ラフからアプローチをする時、初心者は打つことだけに精一杯になりますが、ある程度慣れてくると、同じように打っても、しっかり寄る時となぜかショートしてしまうことがあるのに気づくはずです。
じつはそれ、アプローチを打つ場所の芝生の状態が影響しています。
アプローチは芝生が順目なのか逆目なのかで打ち方を変える必要があるのです。
ここでは順目と逆目ごとのアプローチ方法について紹介します。

どうやって順目と逆目を見極めればいいの?

芝生なんてどう見ても同じように見えて、順目と逆目の違いがわからないという人もいるかもしれません。
でもよく見ると芝生は傾いて生えていることがわかるはずです。
芝生の先端が打ち出す方向に向いていれば順目、反対を向いていれば逆目になります。
もちろんいつもきれいに打ち出す方向を向いたり、反対側を向いたりするわけではありません。
場合によっては、斜め方向にやや順目だったりやや逆目ということもあります。
大事なのは、どの方向を向いているラフなのかを意識することです。

順目のラフからのアプローチ方法は簡単

順目の場合のアプローチ方法は逆目に比べて、それほど難しくはありません。
ラフの深さにもよりますが、基本的にラフがスイングの邪魔になっても限定的で、少しだけグリップを強めに握って、ラフに負けないようにしっかりと打てば、思い通りのショットを打つことができます。
ただし、必ずボールからそれほど遠くない場所で素振りをして、ラフの抵抗を確認してください。
クラブがどれくらいラフに引っかかるかの感触をつかんだ上で、実際にアプローチするようにしましょう。
特に深いラフの場合は順目でもしっかり目に打つ必要があります。

逆目のラフからのアプローチで気をつけること

まず逆目のラフでは順目に比べてスイング時の抵抗が大きくなります。
芝を順目方向と逆目方向でなでてみてもわかりますが、逆目の場合は、芝の一本一本がつっかかってくるので、ヘッドを振り抜くのに大きな抵抗がかかります。
ポイントは体全体でスイングすることです。
普段から手打ちになっている人は、ほとんどボールが飛ばなくなってしまいますので注意してください。
距離感は普段の1.5〜2倍くらいになります。
芝目に負けないようにしっかりスイングするように心がけましょう。

逆目のラフからのアプローチは上げる? 転がす?

逆目のラフからアプローチするような場合は、ボールを上げて出したくなりますが、実はケースバイケースです。
逆目でボールが沈んでいる時は芝の影響を受けにくくするためにボールを高く打つようにしましょう。
反対に、逆目でもボールが浮いているような場合は、芝の影響はそれほど受けませんので、上げるよりも転がすイメージで低く打ち出すようにしましょう。
サンドウェッジに比べてロフトが立っているアプローチウェッジやピッチングウェッジで打つようにすれば、狙い通りのショットが可能になります。
いずれにしても重要なのは、芝目をしっかり読むことです。
順目はいつも通りのスイングで、逆目はいつもの1.5〜2倍の距離感で体全体で振り抜くようにしましょう。
感覚はショット前の素振りでしっかり確認することが重要です。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧