【毎朝のゴルフ上達習慣】胸の可動域を広げる〜『立位でんでんエクササイズ』

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

『骨』と『関節』の専門家・山本優子が提唱する体操「骨エクササイズ」。 従来の筋肉を伸ばす体操(ストレッチ)とは異なり、骨から体を動かしていけば、理想的な関節の使い方を体に覚えこませることができる!

GOLF Net TVでは、効率の良いスイングを手に入れるとともに、肩こりや腰痛、疲労回復などの健康促進にも効果が期待できる「骨エクササイズ」を全13回で配信していきます。

第3回目は、胸の可動域を広げる!『立位でんでんエクササイズ』。テスターには、プロゴルファーの山村彩恵が出演。

■ゴルフで一番回って欲しいは『胸椎』

 みなさん、スイングをするときに「カラダが捻りづらいな」と思ったり、年を取るごとに「カラダを回す際に痛みが出るなぁ」なんてことはありませんでしょうか?

 これは実は年齢のせいではなくて、骨の使い方が上手くいっていないからなんです

 スイングは回旋動作がメインの動きになりますが、どこが回るかというと、背骨が軸になります。背骨というのは骨盤の上に、24個の骨で構成されています。上の7個が首(頸椎)、真ん中の12個が胸(胸椎)、一番下の5個が腰(腰椎)となります。

 このなかで、ゴルフで一番回って欲しいは胸椎なんですね。今回は、この胸が捻りやすくなるエクササイズ『立位でんでん』をお伝えしていきます

 まず立った状態で、胸の前で手を合わせます。そこから片方の手を開く→閉じるという動きをします。ポイントは自分がでんでん太鼓になったようなイメージで、背骨から腕(肩)を開閉させてください。

 背骨を中心に動き出して、呼吸に合わせて、左右それぞれ10回程度をやってみましょう。

【GOLF Net TV】

【GOLF Net TV】

【GOLF Net TV】

【GOLF Net TV】

一番開いた場所でストップしてそこから閉じきる。丁寧にしっかりと開ききって、閉じきる動作をゆっくりとおこなうと、上半身がよく回るスイングに繋がると思います。

【GOLF Net TV 】

【GOLF Net TV 】

【GOLF Net TV 】

山村彩恵のエクササイズ後の感想… 『シャドースイングをしてもらうとわかりますが、トップまでの動きが“軽くなった”感じがしますし、よりスムーズなスイングができるようになると思いました。』
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧