ティーチングプロ崔貴憲が伝授【アイアンで番手間の距離を合わせるコツ】

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

ティーチングプロ崔貴憲が、スコア80切りを目指す方に向けてアイアンの打ち方を伝授。今回はラウンドするうえで避けて通れない、番手間の距離合わせについてレッスンをしていきます。

ヘッドスピードプラス1m/sで+4~5ヤード

今7番を持ってるんですが、だいたい風が無く平らなところだと70ヤードぐらいを狙います。それが165ヤードや175ヤードの時に、どうするかということです。

番手間は僕の場合ヘッドスピードが1m上がったり落ちたりするとプラマイ4ヤード〜5ヤードだったりするんですけど、ヘッドスピードを前後1mに調整するっていうのはかなり至難の業なのかなと思います。

ヘッドスピードは音で調整

そこでみなさんご自身でキメツケをしていただければいいのかなと思います。振ったら音が鳴るアライメントスティックというものがあるんですが、これを振って音のボリューム調整をしていきます。

僕だと7番アイアンでだいたいヘッドスピードが42〜43ぐらいでるんですが、大体ボリュームをマックス42にしてちょっとずつボリュームを下げていきます。このようにヘッドスピードを調整する時は理屈でこうするとボリュームがいくつになりますという結果論ではなく、ボリュームがマックスの所からちょっと下げる。ドレミファソラシドみたいな音があるので、これを調整していくことで感覚が生まれてくるんですね。

1mを精密機器みたいに調整するっていうのは非常に難しいですね。人間は機械ではないので、そこで調整していくのはかなり難しいかなと思います。

【GOLF Net TV】

アライメントスティックなどで練習して感覚を掴む

アライメントスティックなど軽く振って音がなるものを持っていただいて、練習をしてください。僕の場合は音ですけど何か自分の感覚で調整できるもの、音だったり腕の感覚だったり体の感覚だったりいろんなとこの感覚があると思います。

野球経験者だと速球とシュートとかスライダーとかを投げるイメージだと、ほんの少し違うと思うんですね。ですので、そういうイメージを持ちながら練習をしてください。

シミュレーションがあればいろんな距離を計算してみるのもいいと思います。いろいろと試す機会はあると思いますので、ぜひみなさん参考にしていただければと思います。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧