短い距離でもしっかりスピンがかかる!PING「GLIDE FORGED PRO・GLIDE FORGED ウェッジ」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2021年、PINGから「GLIDE FORGED PROウェッジ」が発売されました。今回は、PING「GLIDE FORGED PROウェッジ」と前作の「GLIDE FORGEDウェッジ」について、クラブフィッターの小倉勇人さんに解説していただきました。

PINGのウェッジの特徴

【スポナビGolf】

PINGのウェッジは、GLIDE 3.0とGLIDE FORGEDという2シリーズがあります。

GLIDE 3.0の方はさまざまなゴルファーに対応したモデルで幅広いラインナップになっています。

今回発売されたGLIDE FORGED PROは、よりシビアな状況からきっちりボールをコントロールしていく、操作しやすいところを磨いてきたウェッジになってます。

最大の特徴

【スポナビGolf】

FORGEDとついているとおり軟鉄鍛造で、ヘッド素材は8620カーボンスチールです。実際打ってみると、ボールに直接コンタクトしやすい、操作がしやすい印象を受けました。

ソールタイプ

【スポナビGolf】

PROの象徴的な部分で、ソールタイプが2種類あります。

Tソール(Tグラインド):幅が狭くよりコントロールしやすいモデルで、グリーン周りで威力を発揮する設計

Sソール(Sグラインド):スタンダードのSで、あらゆる状況にオールマイティーに対応する設計

GLIDE 3.0は、この他にワイドソールが用意されていて、トゥ側とソール中央部が広い設計で、寛容性に優れた形状でミスになりづらいソールです。

PROはやはりコントロールをメインにしているので、この2種類のみ。グリーン周りで起死回生のアプローチをするんだ、とイメージできる設定です。

試打で感じた特徴

驚いたのはスピン性能です。今回のPROは非常にギュッとスピンがかかるイメージがあります。

低く出ても、スピンで止まるようなアプローチが短い距離でも打てるので、すごく突っ込んだアプローチ厳しいところからでも、しっかり振ってスピンで止めるアプローチができました。

ワンポイント

ボールをつかまえてスピンをかけるアプローチがやりやすい印象です。オールマイティーに使うというより、グリーン周りでしっかりコントロールするような技術のある人ほど、やさしく感じるウェッジでしょう。

ヘッドの特徴

メインモデルのGLIDE 3.0と比べるとヘッドが少し小さい印象で、ラフとかの抜けも非常にいいです。

【スポナビGolf】

フェースはハイドロパールクローム仕上げになっていて、疎水性が高く濡れた状況やラフからでも安定したスピン量を確保できます。

【スポナビGolf】

実際、溝もCNCミルドできっちり削ってあるので、多少濡れていてもスピンは安定してかかります。その辺は今回すごく進化した印象があります。

おすすめユーザー

GLIDE 3.0はやさしめで安定したアプローチができる印象です。

GLIDE FORGED PROは細かいコントロールのできる玄人好みのウェッジで、テクニックをガンガン使っていきたい人にも満足できるでしょう。

【スポナビGolf】

このGLIDE FORGED PROが発売されたことにより、前作のGLIDE FORGEDがプライスダウンしてます。基本のコンセプトは変わらなく、テクニックは使いやすいこちらもFORGEDモデルになってます。ぜひ試してみてください。

グライドフォージドプロ Sグラインド ウェッジ

グライドフォージドプロ Tグラインド ウェッジ

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧