まずはこの打ち方から!バンカーショットの基本とコツ!

Gridge(グリッジ)

【(C)publicdomainq】

バンカーショットが苦手な方は、少なくないと思います。
しかし、基本とコツを押さえれば、抜け出すことは容易なんです。
基本とコツを知ることで、バンカーは怖くなくなりますよ!

フェースを開く!

バンカーショットの基本で、まず最初に気を付けておきたいことは、しっかりフェースを開いておくということです。
バンカーが苦手という人の大半は、フェースを開けていません。
「開いているよ!」という人でも、実際には開けていないのです。
フェースを開くコツはかんたんです。
ガバッと開いた状態にしてから、グリップすることです。
通常のバンカーショットでは、最低でもサンドウェッジ(SW)のリーディングエッジ(刃の部分)が右に45度くらい傾くくらいにセットして、それからグリップします。
よく、グリップしてから開く人がいますが、スイングのどこかで戻してしまいます。
結果、開いたことになりません。
開いた状態でグリップすることが大切なんです。

ボールの位置に注意!

バンカーが苦手という人でよく見かけるのが、ボールの位置を右足寄りに置く人です。
バンカーショットは、ショットの中で唯一、ボールの手前を打つショットです。
なので、通常のショットの時よりも、ボール1個から2個分左に置かないといけません。
そして、そのままいつも通りにスイングすれば、自然とボールの少し手前を打つことになります。

砂に足を埋め過ぎないこと!

これもよく見かけるのですが、スタンスを決める時に、「どんだけ!」っていうくらいグリグリ足を埋めている人がいます。
砂の上なので、確かに足もとは不安定なのですが、ササッとやるだけで十分です。
それよりも、実は足を埋め過ぎることによる弊害があるのです。
足を深く埋めるということは、つま先上がりの状況をつくっていることとイコールなのです。
そうなると、ボールの手前を打ち過ぎてしまって、全然ボールは飛んでくれません。

状況判断をしっかりしましょう!

アゴの高さ、ボールが止まっている位置、ボールが砂にどのくらいもぐっているか、砂の硬さや量、バンカーからピンまでの位置や傾斜……。
バンカーショットでは、いろいろな状況判断が必要です。
時には、グリーン方向と逆に打つことだってあるかもしれません。
絶対に無理は禁物です。
あとは、アドレスしたら迷わないこと。
先に書いたことに気をつけて、打ちたい方向にいつも通りのスイングをするだけです。
フェースを開いた状態で、ボールの少し手前にクラブが入ってくれば、たいていのバンカーは容易に脱出できるはずです。
ぜひ試してみてください!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧