飛距離が出る短めドライバー!プロギア「egg 44 ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

後発メーカーならではの発想で、従来のゴルフ業界にはない革新的な製品を作り出しているPRGR(プロギア)。

今回は、一般的なドライバーより短いプロギア「egg 44 ドライバー」について、クラブフィッターの小倉勇人さんに解説していただきました。

プロギア egg 44ドライバー

egg 44の名前の由来は44.5インチの長さからきています。一般的なドライバーより1インチ短い設定になります。

この長さに設定した理由は、日本の男子ツアーでプロが使用するドライバーは、45インチに満たない短尺なものが多いというデータがあるそうです。

それでも男子のツアーの人は、300ヤード前後飛ばす人がたくさんいるからです。

男子ツアープロは、安定したミートと飛距離を出すために必然的に短尺なクラブを選んでいる訳です。それならアマチュアにもそれくらいの長さの方がいいんじゃないか、ということで生まれたのがこのegg 44です。

性能の特徴

【スポナビGolf】

短いだけでなくテクノロジーも詰まってます。まずヘッド重量が208gで、ドライバーとしてはかなり重い物になっています。

バランス的にもこの重さで45インチ以上にすると、非常に頭が重くてとてもじゃないけど振り切れないようなクラブになってしまいます。

振り切れるクラブの長さで、重たいヘッドによって衝突エネルギーが大きく、飛距離を出すような設定になってます。

試打の感想

実際試打してみて、非常に好感を持ち安定して飛ばせました。

10.5°と9.5°の両方を打ってみましたが、注意していただきたいのはロフト角10.5はつかまりやすく球が上がりやすいクラブです。

お助け用というか、ドライバーが右にプッシュしたり、つかまえられない振り遅れの多い人にはピッタリのクラブです。

【スポナビGolf】

ロフト角9.5になると途端にしっかり叩いていける強い球が打てる。もはや別物くらいのスペックの違いがあるんです。

【スポナビGolf】

実際私は10.5を打つとかなりのフックで、どうやってもスライス打てないくらいつかまったんですが、9.5にした瞬間、安定して強い球が打てました。それくらいロフト角の違いでスペックに差があります。

どっちか片方だけ打って「俺には合わないや」となるととってももったいないので、両方を試打することをおすすめします。

私自身、ミニドライバーを同じくらいの長さにして使ってます。やはり短い物はすごく振り切りやすいんです。

このドライバーも同様で、フィニッシュまで安定して振り切ることができます。自分で何かアジャストしなければいけないとかもほとんどないので、やさしさを感じます。

それでいてこれはミニドライバーではなくきっちりでっかいヘッドなので、多少芯を外しても曲がりづらく何より芯に当てやすい。これが短さの一番のメリットだと思います。

おすすめのユーザー

ドライバーの苦手な人向けの印象があるかもしれませんけど、決してそんなことはないです。ツアープロの実際うまい人もこれくらいの長さで使ってるわけですから、より安定させたい、より狙ったところに打ちたい、距離を出したい、どの要望でもドライバーがうまく打てない人にぜひ試して欲しいクラブです。

プロギアのドライバーをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧