スコアを追求する人におすすめなアイアン!最新「ゼクシオ 12 」「ゼクシオ エックス」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回はクラブフィッターの小倉勇人さんが、「ゼクシオ 12 アイアン」と「ゼクシオ エックス アイアン」をまとめて試打。クラブの特徴や試打した感想を語っていただきました。

ゼクシオ 12 アイアンの特徴

【スポナビGolf】

ゼクシオのアイアンというと、基本的にはやさしいアイアンというイメージだと思います。今回のゼクシオ 12も期待を裏切らないやさしいアイアンに仕上がってます。

【スポナビGolf】

テクノロジーの注目ポイントは、今回ウッド類に搭載されているリバウンドフレーム構造です。

【スポナビGolf】

ゼクシオは代々チタンフェースを使ってます。チタンフェースの下の部分に溝を彫ることによって、よりチタンフェースをたわませて距離を出そうという設計になってます。球がさらに上がりやすくなって、ミスに強いアイアンに仕上がってます。

【スポナビGolf】

ゼクシオ エックス アイアンの特徴

【スポナビGolf】

ゼクシオエックスにもリバウンドフレームは搭載されていますが、フェースの素材が違います。

【スポナビGolf】

ゼクシオエックスは4番から9番が特殊鋼いわゆるバネ鋼を使っていて、反発力とフィーリング面、打感を両立できるためにチタンではなくて別の特殊鋼を使ってます。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

さらにボディはフォージド(軟鉄)になっているので、ロフトやライ角を調整することができます。より自分にフィットさせたい、球をライ角でつかまりをコントロールしたい方はこちらの方が合うかなと思います。

基本はポケットキャビティなので、ミスに強く球が上がりやすいという基本的な部分は変わらない、やさしいアイアンに設計されています。

【スポナビGolf】

ゼクシオ エックス アイアン(2021)

2つのモデルを試打した感想

2モデル試打してみましたが、ゼクシオ 12の方はやっぱりやさしいです。非常に楽に球が上がってくれて、多少芯を外しても、球にねじれがなく同じところに飛んでいきます。

ゼクシオの特徴として、チタンフェースを使っていても打感がいいという点があります。ゼクシオ12でもそれがしっかり継承されていて、より芯で打ったときに余計な振動が減ってるような印象を受けて、非常にクリアな打感で気持ちよく飛んでくれます。

逆にゼクシオエックスの方は、以前の少しアスリート向けのやさしいモデルとして発売された「ゼクシオ フォージド アイアン」の進化形といった印象です。

非常に球がつかまってやさしいという点はゼクシオ 12と同じなんですが、さらにそこから少しコントロール性能を持たせて、強い球を打ちつつ、フェード・ドローを少し打ち分けられる操作性を持たせている印象です。

おすすめのアイアンはどっち⁉

【スポナビGolf】

基本としてはミスに強く球が上がってくれる、距離がそこそこ出るのが共通する点なので、とにかく飛ばしたいとか、とにかくやさしいモデルとか、振り切った性能を好まれる人にはちょっと物足りなく感じるかのしれません。全体的なバランスがよくて、スコアを追求する人にはとてもいいアイアンだと思います。

アイアン何を買ったらいいか分からない人は、重さやパワーで今回のゼクシオ12・ゼクシオエックスの2モデルから選べば不満はないのではないでしょうか。それくらいやさしさ、ミスの強さ、飛距離、安定感、打感などのフィーリング面も含めて非常に高い位置でバランスの取れたアイアンに仕上がってると思います。どちらもいいアイアンです。ぜひ試してみてください。

ゼクシオ エックス アイアン(2021)

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧