アプローチに悩むゴルファー必見!簡単にできる打ち方のコツをアドバイス!

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回ティーチングプロの石井良介さんが、アプローチに悩むゴルファーのために簡単なドリルを紹介!最後におすすめのクラブも紹介していますので、早速チェックしてみてください。

アプローチに悩む方の共通点

【スポナビGolf】

アプローチに悩んでいる多くの人に共通しているのが、ハンドファーストに構える人が多いということです。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

ハンドファーストの方がボールに向かってクリーンにコンタクトしやすいと、教えるレッスンもあるからかもしれません。

それは間違いではないのですが、ハンドファーストにすることによって、クラブの一番先端のリーディングエッジが地面に刺さってしまい、抜けないみたいなかたちでザックリしてしまう人が多いと思います。

簡単アプローチドリル

アプローチに悩むすべての人に、もっと簡単な打ち方を紹介します。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

クラブのグリップを持ったときに、シャフトが地面と垂直になるようなかたちでこのままボールの横に構えてください。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

横から見るとクラブのライ角通りに構えます。

【スポナビGolf】

正面から見たときシャフトをまっすぐ構えます。ハンドファーストではなくまっすぐに構えるのです。

【スポナビGolf】

この状態で、足は肩幅くらいに開いて構わないんですけど、首を中心に両肩と手で三角形を作るように構えます。

【スポナビGolf】

この時に手首を使ったりしないで、腕と肩でできる三角形をなるべく維持する形で、スイングの練習をしてみてください。

【スポナビGolf】

純粋に今の振り幅で練習をして欲しいのですが、距離を出したい場合は、三角形をキープしたままクラブの振り幅の高さを上げると、僕だと大体30〜40ヤードくらいは飛ばすことができます。


アプローチに悩んでどんどん難しいことをしようとしたり、シンプルにやってるつもりでちょっと違う方向へ行ってしまう人が結構多いです。シンプルな形に戻すことが、アプローチの闇から脱出する重要なポイントかなと思います。

今のアプローチが簡単にできるようになったら、少し低い球や高い球を打ちたい欲求が出てきたら、また違う技術があるでしょう。まずはシンプルに目の前のグリーンにボールを乗せることをぜひ練習してみてください。

石井プロおすすめ!上達志向の人向けウェッジ5選

【スポナビGolf】

今回ご紹介した練習法を実践しつつ、石井プロがおすすめするウェッジもあわせてチェックしてみてくださいね。

SM8 ウェッジ(ツアークローム)

ハイ・トウ ロウ ビッグフット ウェッジ

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧