【三浦桃香の基本のキ】アドレスのポイント【スイングを安定させる技術】

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

三浦自身が実践しているアドレスでのルーティンを伝授。捻転しやすい構え方を教えます。

三浦桃香(みうら・ももか)1999年生まれ、宮崎県出身。8歳ごろからクラブを握り、ジュニア時代から数々の賞を受賞。2018年はツアーでの活躍により、ゴルフファンから大きな注目を集めた。現在はティーチングプロ取得に向けて奮闘中。

アドレスで大切にしているポイント

【GOLF Net TV】

フェースとボールを合わせることを一番最初に行います。

合わせてから、フェースを目標方向に向けます。

そしてスタンスを開いてから、骨盤をこういう風に斜め上に上げます。

【GOLF Net TV】

けっこう年配の方とか、「可動域がなくてさ〜」みたいな感じでおっしゃる方が多いんですけど、そういう方は膝が曲がっていることが多いです。膝が曲がりすぎていてお尻が出ないと、体が捻転しづらいんですね。

【GOLF Net TV】

なので、しっかりとお尻を出す。

お尻を出すっていうことがわからなかったら、骨盤をねじるっていう感じで意識して上げると、わかりやすいんじゃないかなと思うんですよ。

このような動きを骨盤でしていくことで、体がしっかりと捻転してくれます。

両手の位置は真ん中、少しハンドファースト 【GOLF Net TV】

両手の位置は基本的に真ん中です。ライン出しなので、少しハンドファーストにしています。

ライン出しというのもあってかなり短く握るので、このような形のアドレスになります。

アイアンショットでは、あまりフルスイングはしません。

基本的にアイアンはライン出しをしていくので、私は6割から8割くらいしかスイングをしません。ライン出しは、球を上げたらブレてしまうので。

【GOLF Net TV】

安定性・方向性だけを求めているので、ボールは右側に置いて打っています。7番からPWまでボールの位置はあまり変わらないです。

アドレスの体重配分は真ん中です。

右足に体重がかかってしまうと、クラブが開きやすいので、右に打ち出してしまう。せっかくボールを右足においても意味がないような感じになってしまいます。

アドレスで大切にしているポイント まとめ

【GOLF Net TV】

1、フェースとボールを合わせる、ボールの位置は右側に
2、フェースを目標方向に向け、スタンスを開く
3、しっかりとお尻を出す、骨盤を引き上げる
4、両手は真ん中、少しハンドファースト
5、体重は中心に置く
6、フルスイングはしない


動画では正しい姿勢をしっかり確認できます。ぜひご視聴ください
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧