待望の新シリーズ!ダンロップ「ゼクシオ 12」「ゼクシオ エックス」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2021年12月、待望のゼクシオの新作が発売されました。そこで今回、クラブフィッターの小倉勇人さんに、「ゼクシオ 12」「ゼクシオ エックス」をまとめて紹介いただきました。クラブの特徴や、試打した感想をぜひチェックしてみてください。

ゼクシオ新シリーズ

2000年に初代が発売されて、派生モデルが出ていた時期もありますが、基本的にメインモデルは2年おきに発売され、今回で12代目になります。

今回の12代目は大きく分けて2モデルに別れていて、「ゼクシオ 12」と「ゼクシオ エックス」の2ラインになります。

ゼクシオ12は従来のエンジョイゴルファーが楽しくプレーしたい人向けのモデルで、ゼクシオエックスはアスリート向けや少しパワーに自信のある方が、楽に楽しくゴルフをしたい人向けのモデルだと思います。

ゼクシオ 12の特徴

【スポナビGolf】

ゼクシオといえば、軽量でやさしくボールがつかまって、ボールが上がって気持ちよく飛ばせるというイメージをお持ちの方も多いでしょう。今回のゼクシオもそれを裏切らない仕上がりです。

【スポナビGolf】

2モデル共通のテクノロジーであり、今回の目玉の1つがクラウン上に付いた突起です。これがアクティブウイングと呼ばれるもので、空力をコントロールするものになってます。

ダウンスイングのとき、少し遠心力が働いてヘッドがブレるトゥダウンという動きがあります。これは少しボールをつかまえる効果もありますが、人によってはマイナスに働くこともあります。それをアクティブウイングの空力でコントロールして、ヘッドの挙動を安定させてミート率を高める技術です。

【スポナビGolf】

もう1つのテクノロジーとして、ダンロップのスリクソンにも使われているリバウンドフレームが搭載されています。

思いっきりたわませるエリアと少し溶接して固めて硬い層、さらにその奥にたわむ層を作って、柔らかい層と硬い層を交互に配置するように設計されてます。
それにより、エネルギー効率を高めつつ反発性能を高めボール初速に変換する技術です。これはスリクソンで高く評価された技術をゼクシオにも持ってきたのです。ダンロップのクラブで飛距離が出ている人が多いのは、このテクノロジーの恩恵を受けているからかもしれません。

ゼクシオ 12のラインナップは、ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアンのフルラインナップになってます。

【スポナビGolf】

フェアウェイウッド・ハイブリッドまではリバウンドフレームが搭載されてます。

アクティブウイングもかたちは少しずつ違いますがそれぞれ搭載されていて、空力を考えてミート率を高めようという点は共通です。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

ハイブリッドはウッド型のタイプになっているので、よりやさしく安定してゴルフをしたい人に向けたラインナップですね。

【スポナビGolf】

アイアンはたわませてボールの初速をしっかり出そうという、アイアン独自のリバウンドフレームが搭載されてます。

ゼクシオ 12 フェアウェイウッド

ゼクシオエックスの特徴

【スポナビGolf】

ゼクシオエックスは少しアスリート向けというか、しっかり振っていける人向けです。

アスリート向けと言っても決して難しくはなく、非常にミスに強くボールをつかまえてくれますが、パワーがある人でも使いやすさ・やさしさが体感できる設計になってます。

【スポナビGolf】

ゼクシオエックスの今回最大の特徴は、ゼクシオシリーズで初めて弾道調整機能、いわゆるカチャカチャが搭載されました。

弾道調整機能(QTSスリーブフィティングシステム)がついたことで、フェース角・ロフト角・ライ角をチューニングし、求める弾道にセッティングが可能になりました。

ゼクシオエックスのラインナップは、ゼクシオ 12同様ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアンのフルラインナップになってます。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

フェアウェイウッド・ハイブリッドまではアクティブウイングが搭載されています。

【スポナビGolf】

リバウンドフレームはアイアンだけかたちは違いますが、トータルでリバウンドフレームという考え方は搭載されていて「たわませて飛ばす」かたちになってます。

ゼクシオ エックス ドライバー(2021)

ゼクシオ エックス フェアウェイウッド(2021)

ゼクシオ エックス ハイブリッド(2021)

ゼクシオ エックス アイアン(2021)

2ライン試打の感想

ゼクシオ12とゼクシオエックスを今回試打してみて大きく変わった印象があります。

ゼクシオ12は、シャフトもたわませて全体的にやさしく打とういうところがあったんですが、今回はしっかり芯に当ててきっちり飛ばしていこうという、違う視点から開発した印象です。

もし両方を打ち比べるなら、最初はゼクシオエックスの方から打って欲しいです。ドライバーで300gでしっかり重量がありますが、思った以上に振りやすさを感じました。エックスが重いと感じる人はゼクシオ12の方がいいと思いますが、重量がある方が距離が出やすいのでエックスがおすすめです。

少しハードかなと思うような人でもゼクシオエックスの方から試していただいて、気持ちよく振れるのであれば、やさしいゼクシオ12よりはゼクシオエックスの方が結果が出やすいと思います。

トータルバランスの良いシリーズ

飛ぶとかやさしいとかではなく、ゼクシオはトータルバランスが取れたクラブだと考えてもらうと良いと思います。

とにかく距離ややさしさだけを求めるなら他のブランドもありますが、トータルバランスが良いのはゼクシオでしょう。ゼクシオの最新作、ぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧