オープン?クローズ?スタンスの向きによって球筋が変わります

Gridge(グリッジ)

【photo-ac】

どんどん食欲が増しています!
どうも〜ゴルフライターのノザです!
今回は、「ゴルフのスタンスの重要性」について説明していきます。
スタンス……これ結構難しいですよね。ラウンドしていて、目標に対して真っすぐ構えろって単純な話なのに意外と難しい。
自分は真っすぐ向いているつもりでも、後ろから見た友人には「思いっ切り右向いてるよ……」とか言われます。
真後ろから見れば目標を差せるんですが、ゴルフは必ず横に立ってアドレスするじゃないですか? あれで感覚が狂うんですよね。
ましてやゴルフ場は壮大で、何かわかりやすい対象がある訳ではないので余計真っすぐ立つのが難しい。
狂ったまま打つと球は曲がります。立つ向きによって球は曲がってしまうのです。
ということで、スタンスと球筋について紹介していきます。

球が曲がる理由は、実はスタンスが原因かも!

スタンスが目標に対して直線でないと、球は曲がります。
スタンスの役割は実はとても重大で、球が右に行くのも左に行くのも、実はスイングに問題がある訳でなく、立ってる向きが違うだけという可能性もあります。
スタンスで球が曲がる? と始めて聞いた時は僕も驚きました。たったそれだけのことが曲がる一因になるの? と。
ですが、球が曲がるのは事実です。逆を言えば、それがわかると球を意図的に曲げることもできるようになる。
知っている人は当然知っている話ですが、知らない人はぜひここで覚えちゃいましょう。
スタンスと球筋の関係、これを知っておくだけでティーショットのOBを回避できますから。

1.左を向くと(オープンスタンス)球はスライスする

目標に対して左を向いて構えることを【オープンスタンス】と言います。
オープンスタンスは球がスライスする傾向にあります。理由は以下の3点。
・体が開きフェースも開く
・左の壁が和らぐ
・スイングがアウトサイドイン軌道になる
まず体が開いていると球とクラブがコンタクトする際に、フェースが開き気味でインパクトすることが多く、これがスライス回転の原因になります。
またオープンスタンスだと左の壁も和らぐので、これもスライス球を引き起こすトリガーになりますし、スイングもアウトサイドイン軌道(目標に対して)になり、縦振りが強くなるのでこの点もスライスになる要因と言えます。
以上の3点が、オープンスタンスがスライス球を引き起こす理由です。

2.右を向くと(クローズスタンス)球はフックする

今度は反対に目標に対して右を向くスタンスを【クローズスタンス】と呼び、球筋はフックに変わります。
クローズスタンスがフック球になる要因は以下の3点。
・体が閉じるのでフェースが被る
・左の壁が強まる
・インサイドアウト軌道になるため
クローズスタンスは体が閉じている反面、フェースが閉じて入りがちになります。フェースが開いて当たればスライス、閉じて当たればフックです。
クローズスタンスにすることで左の壁も強まり、これもフックの一因に。
最後のスイング軌道ですが、クローズスタンスにすることでインサイドアウト軌道(目標に対して)になり横振りになる。するとフック要素が強まります。
以上3点の理由から、クローズスタンスはフックが出やすくなると言えます。

【大事】スライスする人が左を向くのは間違いです

上記のことからスタンスは球筋に大きく関係することがわかったと思います。
ここから僕が体感した失敗例を一つ……。
僕がゴルフを始めて2〜3年目の頃、ティーショットのOBが連発していて悩んでいました。
とにかくドライバーのスライスがひどく、1ラウンドで5〜6回OBしていましたね。パー4やパー5はプレーイング4からが当たり前という状態。
スライスOBを嫌がり、右に曲がること前提でアドレスしていました。予め左を向いて構えれば、たとえスライスしてもOBまでは行かないだろうと。
それでもスライスOB。僕もその分どんどん左を向く。
これ、上記を読んだ方なら分かりますよね? 間違った対策なんです。
僕はスライスを嫌がり、曲がってもいいように予め左を向いた。しかしこれはスライスを助長する「オープンスタンス」。間違った対策だったんです。
結果、打つたびにスライスが強まりました。
仲間に相談し、クローズスタンスにした途端、球は曲がらなくなりました。
スタンスの重要性を理解した出来事です。で、これと同じことをやっている初心者の方が実に多い。
ゴルフを始めた人で、実は約7割の方はスライスで悩むと言われています。OBするほどスライスが強い人は、ぜひスタンスを変えてみてください。
スイングうんぬんではなく、本当それだけで直りますから。

まとめ・スタンスの重要性を理解すると球筋を操れる

ということでまとめます!
【ゴルフのスタンスの重要性について】
1.左を向く(オープンスタンス)はスライス
2.右を向く(クローズスタンス)はフック
3.スライスOBをなくそうと左を向くのはNG
以上になります!
このスタンスの仕組みがわかれば、ラウンドでいろいろと試せることが増えます。
例えば、左ドッグレッグでフックを打たなけばならないホール。そうした時にはクローズスタンスで構えればフックボールが出やすくなる。
スタンスを上手く使って球を操りましょう。
それではまた!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧