【三浦桃香の基本のキ】アプローチショットの打ち方【スイングを安定させる技術】

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

三浦桃香がアプローチショットの打ち方を伝授。ミスショットの原因を知り、ミスのない正確なアプローチを打てるようにしていきましょう。

三浦桃香(みうら・ももか)1999年生まれ、宮崎県出身。8歳ごろからクラブを握り、ジュニア時代から数々の賞を受賞。2018年はツアーでの活躍により、ゴルフファンから大きな注目を集めた。現在はティーチングプロ取得に向けて奮闘中。

アプローチショットミスの傾向と対策

グラウンドとかでよく見られるのが、グリーン周りのエッジからチョロやダフったりトップしたりしてしまうといったものです。

そういう人によく見られるのが、フェースの向きが変わること。基本的にアドレスしてからフェースが開きやすいですね。

本来ならずっと目標方向にフェースを向けた状態で、ずっと振っている。身体を回しながら振るのが理想です。

【GOLF Net TV】

この状態で振ってあげることで目標方向に真っすぐ出て、グリーンに乗ってからも真っすぐ転がってくれます。

これがフェースが開いたり閉じたりしてしまうと、短いクラブで小さい振りなのでシャフトもしなりません。フェースが開いてしまうと自分で戻さないといけないんですけど、戻す力はずっと同じにはできません。それが被ってしまうとダフリますし、開いた状態だと刃から入るのでトップしてしまいます。

なので、基本的にはフェースは開閉せずに真っすぐ真っすぐしていきます。

上体が上がるとどうしてもダフリにしかつながらず、肩も入らないので距離もまず出なくなります。なので、上体を上げないようにすることで緩みがなくなり、飛距離が安定すると思います。

アプローチの振り幅

左手を伸ばしたままで右手はグリップも下ですし若干曲がるんですけど、この状態でエッジからのアプローチ・30ヤード40ヤードライン出しという感じで全部同じ動きでできます。

この動きさえ覚えていればアイアンショットも安定するし、エッジからのアプローチも同じように打てると思います。

【GOLF Net TV】

だいたい私は45ヤードぐらいまではフェースの向きを変えずに打てます。それに追加でボールを上げたいのであれば、しっかりコックを使ってあげるとボールは上がりますが、基本的にはフェアウェイからボールを上げる必要はあまりないと私は思っています。

ビジネスゾーンさえできていればライン出しなりピッチエンドラン・苦手なエッジのアプローチも全部できると思うので、フェースの向きを変えないで振り幅を確認しながら練習していくのがすごく大事かなと思います。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧