【2021年大ヒット】ガーミン「Approach R10」が人気を集めた理由とトラックマンとの違い

スポナビGolf

【スポナビGolf 】

2021年のゴルフ界で隠れたヒット商品となったのが、ガーミンの弾道測定器「Approach R10」です。発売直後から話題となり、一部のフリマアプリやオークションサイトでは、定価を遥かに上回る金額で取引されるなど、人気が加熱しました。

「Approach R10」が人気を集めた理由

【スポナビGolf】

そもそも弾道計測器とは何かというと、打ったボールの飛距離はもちろん、飛びの3大要素と言われる「ボール初速」、「打ち出し角」、「スピン量」などを計測出来る機械です。この10年あまりで、高機能なポータブル弾道測定器が急速に普及し、多くのゴルフショップやレッスンスタジオで見られるようになりました。

中でもポピュラーなのが、プロゴルファーにも使用者が多い「トラックマン」。そして「GCクワッド」や「フライトスコープ」などです。プロのシビアな感覚に耐えられるこれらの高機能測定器は非常に優れたものですが、一方で価格は200〜300万程度とかなり高額。保守費用もかかるケースが多く、一般のゴルファーが気軽に買えるものではありません。

そんな中、「Approach R10」は、なんと税込7万4,800円という破格の販売価格を実現しました。ゴルファーの多くが、欲しくてもほとんど高嶺の花だった弾道計測器が、手に届く価格になったのです。「トラックマン」のようなデータが10万円以下で測定できるということが、「Approach R10」の最大の魅力です。

「トラックマン」などが、ツアープロに愛用されるのは、細かな弾道データに加えて、ヘッド軌道のデータなど、さらに詳細な計測が可能であることです。例えば、「ボール初速」、「打ち出し角」、「スピン量」に加えて、「落下角度」や「最大到達点」、「打ち出し方向」などの弾道データが計測できるほか、クラブヘッドの「フェース向き」、「倶楽部パス」、「入射角」などがわかります。これらのデータを蓄積しながら、プロは自分のプレーや練習に活かしているのです。

「Approach R10」の画期的な点は、これまで上位機種でしか計測ができなかったこれらの項目を計測できることです。7万4,800円で数百万円の弾道計測器と同じ数値が測定できたらいいですよね。多くのゴルファーがそこに魅力を感じたため、ヒット商品になったといえます。

「Approach R10」は、コンパクトなボディも魅力のひとつです。飛球線の後方にセットしたら、測定データを自分のスマホに飛ばして、確認することができます。このあたりも「トラックマン」などの上位機種と同じです。スマホでの表示はわかりやすいデザインで、使いやすさを感じます。

トラックマンとの精度の違いは

【スポナビGolf】

さて、肝心の測定精度ですが、実際に「トラックマン」と比較すると、特に弾道データに関しては、まずまず近似した結果になりました。特に飛距離は「トラックマン」に近い数値が出るので、自分の番手間距離を把握したり、飛ぶドライバー選びなどには十分活用できそうです。

【スポナビGolf】

「ボール初速」と「打ち出し角」も飛距離同様、近い数字になります。しかし、「トラックマン」を基準にしたとき、少し飛んだり、飛ばなかったり、数値が上下したりするケースが散見しました。例えば、計測器のクセとして、常に多めに出たり、常に少なめに計測されるなら良いのですが、計測数値が前後するきらいがあるようです。「スピン量」はそれらの項目に比べると、測定数値の差が大きくなりましたが、近似することもあり、ある程度あてに出来る雰囲気がありました。

「トラックマン」と大きく差が出たのは、いわゆるクラブ軌道やフェース向きに関するデータです。アウトサイドインやインサイドアウトの度合いを示す「クラブパス」やフェースの向き、そして「打ち出し方向」などは、傾向はある程度近いものの、時には同じ弾道の計測とは思えないほどのかなり大きな差が出ます。

「トラックマン」が全て正しいとは言い切れない面がありますが、この測定データを元に、スイング改善に取り組むのは躊躇する面があります。例えば、ある弾道データでは、「トラックマン」のクラブパスが、アウトサイドイン1.5度だったのに対して、「Approach R10」では、アウトサイドイン5.8度でした。1.5度なら十分に許容できる数字ですが、5.8度であればスクエアに近づくように修正したい数値です。計測数値によって、取り組むべき課題が変わってしまうというのは、少し怖いですね。

水平器やレーザーなどを使って、セッティングをより正確にすると精度が高くなるという話もありますし、アプリの補正で計測数値は徐々に改善されていっているともいいます。今後進化していくことで、さらに「Approach R10」がよくなる可能性は高いでしょう。

***
価格を考えれば、明らかにスグレモノの「Approach R10」。自分の距離や弾道の特性をより把握したいゴルファーに、さらに人気になりそうなアイテムです。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧