ラウンドで意外と多用する“5ヤードのアプローチ”の打ち方

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

広島で1か月先まで予約がとれないという人気コーチ、木原睦美。普段、あまり練習しないのに、ラウンドで意外と多用する“5ヤードのアプローチ”の練習法を紹介します。

5ヤードのアプローチを使うシチュエーションがは意外とたくさんある

普段あまり練習しないのに、ラウンドでは意外と多用する“5ヤードのアプローチ”をレッスンして行きたいと思います。

練習場では皆さん、目印があるところに向かって打つという習慣は持っていると思いますけど、目印が置いてある15ヤードのアプローチなどは結構自然とやると思いますし、15ヤード以上のアプローチもやっていると思うんですけど、15ヤード以下のアプローチの練習は目印がないこともあり、練習量が少ないんじゃないかなって思います。

5ヤードのアプローチは意外と使うシチュエーションがたくさんあります。グリーン周りなどで確実にキャリーさせるアプローチを身につけておくと、グリーン周りから1回のアプローチで上手く寄せられれば1回のパターでゴールすることができるので、5ヤードのアプローチはとても重要になります。

【GOLF Net TV】

【GOLF Net TV】

5ヤードのアプローチ

まずアドレスは、ボールを中心に両足を揃え、ボールの右にクラブを置いて左足・右足と開いていきます。ウェッジはボールのポジションを右に置きたいので、左足を多め、右足を少なめで開いていきます。

次グリップの持つ位置なんですけども、アプローチの時は短く持つようにしてみてください。なぜかと言うと短く持つとボールと自分の距離感が近いために打っていく精度が高まります。

次に振り幅ですが、グリップを握っている手が、腰から腰から位までで手元がはみ出ない範囲で振ります。

【GOLF Net TV】

【GOLF Net TV】

【GOLF Net TV】

短いショットの時のポイントは、左に少し体重かけてやるということがショートゲームのポイントになるので行ってみてください。

ただ、この左の体重はあくまで自分の体の「内側」から左体重ということを感じるだけで、外側から見た時にあんまり左に体重かけてるなって見えていたらダメです。

【GOLF Net TV】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約3,500本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧