練習場でちゃんと“まっすぐ”打つ練習をできていますか?

Gridge(グリッジ)

【(C)publicdomainq】

タイガーです。
ゴルフの練習は練習場で! 当たり前ですね。
あなたはまっすぐ打つ練習をしていますか?
あれ? と思ったあなたはこの記事を読んでみてください。

練習のマットに潜む危険

練習場ではまっすぐボールを打てているのに、ラウンドに行くと思ってもいない方向に飛んでしまうという人もいるかと思います。
そういう方は練習場でボールを曲げない練習はできていても、狙った方向にまっすぐ打つ練習をできていません。
というのも、練習場のマットは平行に構えやすく、目標を狙いやすくなっています。
当たり前ですがラウンド中に方向性を示してくれるものはありませんよね。
だからこそ練習場ではマットの方向に逆らった練習が必要なのです。

アドレスの練習もちゃんとしよう

マットに逆らって構えた時に大事なのはアドレスです。
ゴルフはスイングをする前に必ずアドレスを取ります。
このアドレスがショットの9割を占めているというプロもいるほど重要な要素です。
僕もアドレス、特に肩が平行かどうかを重要視しています。
狙った方向に対して肩が開いていると右にスライスが出やすくなりますし、閉じているとフックしやすくなります。
先ほど述べたように練習場のマットでは、マットの切れ目の線に沿ってアドレスするだけなので簡単に構えることができます。
練習場ではアドレスの練習ができていないのです。
本番に強くなるために練習場ではいろいろなところを狙ってみましょう。
僕は思い切ってネットのほうを狙って打ち込みます。
右のネットは上手く飛ぶのに左のネットは狙いにくいという人もいるかもしれません。
自分の苦手が見つかるかもしれませんよ。

狙いを定める上で重要なスパットとは

狙いを定める上で大事なことはスパットを決めること。
スパットとはいわゆる目印のことで、アドレスで平行に構えるための基準となるもののことです。
スパットの決め方は、まずボールの後ろに立ちボールと目標を結びます。
そして、そのボールと目標を結んだライン上にあるゴミや色が変化しているところ、ディボット跡などをスパットとします。
だいたいボールから50センチ前後前方にあるのが理想です。
あとはボールの前でアドレスをする時にそのスパットと平行に構えるだけです。
練習場でもスパットを決めてから打つ練習をしてみましょう。
マットに逆らってまっすぐ打つ練習をして、本番に強いゴルファーを目指しましょう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧