ソフト・金メダリスト山田恵里の「心のマネジメント術」〜ルーティンの効用とは〜

ココカラネクスト

【(c)CoCoKARAnext】

 どんなに活躍し、明るく輝いて見えるアスリートでも、その一方では決して表には表れない苦しみや弱さはあるもの。

 「心理カウンセラー×アスリート」の対談により、日々の生活や仕事にも役立つ「心のマネジメント」をひもとく本連載。第2弾となる今回からは今夏の東京五輪で日本中をわかせた女子ソフトボールで2大会連続となるキャプテンを務め、見事金メダルに輝いた山田恵里選手に臨床心理士・公認心理師としてこれまで様々な悩みを抱える人をカウンセリングし、解決へ導いてきた心理カウンセラー・塚越友子氏が話を聞く。

心技体で重視するのは?

塚越 今日は心とパフォーマンスの関係というところで、色々な角度からお話を伺いたいと思います。まず、心技体という言葉があると思うんですが、山田選手は「心のマネジメント」という部分において、試合で結果を出すためにどのくらい重要と考えていらっしゃいますか?

山田 まず、心が整っていないと結果も出ないと思っています。体づくりなどももちろん大事なんですが、心が整っていないと行動にも移せないと思うので、まずはそこからだなと思っています。自分の中では1番大事にしているところです。

塚越 では山田選手にとって心が整った状態というのはどのような状態なのでしょうか?

山田 ソフトボールが仕事なのですが、そこだけに集中できないことが実は結構あります。人間関係とか、環境の変化などですね。そんな中でもソフトボールにしっかりと向きあって集中できている状態が、自分にとって心が整っている状態なのかなと思いますね。

塚越 ソフトボール以外で心が乱されている状態の時、普段どのように整えているんですか?

山田 例えば人間関係なら、自分にとってマイナスになるようなことは入れないようにするとかですね。私は結構嫉妬されることが多くて。それを気にしてしまうと、あまりよくなかったりしますね。あとはチームプレーなので、もちろん勝つためにやっているんですが、どこか気持ちが入らない人もいたりもします。そういう人たちにどういう風にアプローチしていくかは、まず自分が結果を出すためには必要ではないことと分けて考えます。
それを自分のプレーに直結させないようにコントロールするというのはあるかもしれないですね。

塚越 嫉妬というのは他者が持つ感情であり、自分自身ではコントロールできませんよね、どのようにシャットアウトされているんですか?

山田 言い聞かせてます。『もう気にしないようにしよう』って。気にしないようにしようという時点で気にしちゃってるんですけど。

塚越 またキャプテンも務められた山田選手ですが、個人のパフォーマンスを出すためには、気持ちの入っていない人は見ないようにして、自分のことに集中みたいな感じなんでしょうか?

山田 立場として『見ないようにする』わけにはいかないので、『それはそれ』って思い『自分は自分』という感じで。まずは結果を出すことに集中します。当然気持ちが入ってない選手も放っておくわけにはいかないので、色々アプローチの仕方、言い方とかも変えたりなどはしています。

塚越 順番としてはまずは自分の結果を出すこと、そしてそれとは分けて、この人をどういう風にモチベーション上げていこうかという形でしょうか?

山田 そうですね。

日々のルーティンの効用

塚越 ほかにも習慣的に心を整えるために取り組んでいることはありますか?

山田 意外と私は朝起きる時間や、洗濯物を干す順番とか、自分で決めているルーティンが結構多いんです。それが少しでも崩れると、全部が悪くなっちゃうんじゃないかっていう風に思います。毎日同じ体幹トレーニングをするとか、素振りをする、バッティングに関しても打つ数ややり方が一緒だったりとか。逆にリラックスするために何かをしているということはないかもしれないです。

塚越 そのようにして心を整えることを意識し始めたのはいつ頃からでしょうか?

山田 高校からソフトボールを始めたんですが、始めたときから、気持ちの作り方は1番大事だという話はされてきました。ルーティンとして意識し始めたのは、実業団に入ってからですかね。

塚越 高校時代に気持ちを作るために言われたのはどんなことだったのでしょうか?

山田 『心は金で、技は銀』って言われていたんですよね。たとえば、物や道具を大切にしなかったらそれも結果に出るというようなことは言われていましたね。

塚越 具体的にルーティンを行うことでどのように試合結果に結びつくというイメージがありますか?

山田 やっぱり、結果を出すための準備ってすごく大切だと思っています。ルーティンも準備の一つでそういった準備をしないと結果には結びつかないと思ってやっています。

塚越 ここで心理学的に補足するとルーティンってすごく大切です。人間の中には「時計遺伝子」というものがあって、リズムを大切にしているんですね。そのリズムが綺麗に規則正しく整っていると、体と心が整っているというように、遺伝子レベルで人間、心が安らぎ落ち着くようにできているともいわれています

山田 初めて聞きました!そうだと知らずにやっていました・・・。

塚越 一流選手って往々にしてそうなんですよ。大体知らずに、好循環になるようなことしかやっていないんですよね。

 対談2回目となる次回は「結果を出すための心の整え方」についてさらに深く掘り下げます。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

塚越友子(つかこし・ともこ)
過去に自身で仕事中にうつ病を発症した経緯から、働く人のカウンセリングに注目。2008年に東京中央カウンセリングを開業。社会学修士号(社会心理学)教育学修士号(臨床心理学)。公認心理師・臨床心理士・産業カウンセラー。

山田恵里(やまだ・えり)
幼少期から野球を始め、高校入学と同時にソフトボールに転向。
高校卒業後、日立製作所に入社。日本リーグで本塁打王、打点王、ベストナインを獲得。
8連続安打のリーグ記録など卓越したバッティング技術から「女イチロー」の異名を持つ。2004年のアテネ五輪から代表入り、08年の北京五輪、今夏の東京五輪では共にキャプテンを務め、2大会連続金メダルに大きく貢献した。デンソー所属。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧