ゴルフはなぜ高い?ゴルフにかかる費用を考えてみた

Gridge(グリッジ)

【(C)publicdomainq】

皆さんこんにちは。グリッジライターのユウキです。
今回は、「ゴルフ=高い、お金がかかる」の一般的なイメージについてです。
自分自身ゴルフプレーヤーとして、ゴルフが安いと思ったことは一度もありませんが、一体何が高いのでしょうか?
23歳お金に余裕なしの一個人としての思いと実際を書いていきます!

一体何が高いのか?

今迄の記事にも書いてきた様に、「ゴルフ=高い」は、一般的なイメージとしてほぼ定着していると感じます。
実際にゴルフをやっていて、安いと思ったことはありませんし、「安い!」と書くつもりもありません(笑)。
ただ、ゴルフの何が高いのでしょうか?
では早速。
自分がまず思ったのはクラブの値段です。おそらくこれは多くの人が感じているのではないでしょうか?
ドライバーでは、高い物では1本10万円近い。安くても2万円台くらいでしょうか?
アイアンでもセットで安くても5、6万円はザラにしますよね……。
今となっては、ゴルフショップに行ってその値段の商品を見ても、「あ〜、はいはい(もちろん買いませんが)」くらいの感じ方になってきましたが、ゴルフを始める前は「一桁多いやろ(怒)」と、何度思ったことか(汗)。

クラブ購入前に立ち止まって

高額なクラブの説明には、必ずと言っていいほどこの言葉が入っています。
それは、「緻密なスイング解析による」や「分析」という言葉です。
この言葉を読んだ感じ、かなり高性能なクラブだと思うゴルファー(特に初心者)は多いはずです。
自分もこの言葉に惹かれて何度購入しかけたことか(汗)。
ここからは、一個人の意見ですので賛否両論あると思いますが、お手柔らかにお願いします。
ゴルフの中級〜上級者には当てはまらないと思うのですが、スイングもまとまりがなく、再現性もない僕のような初心者がこの言葉に惹かれて買うとどうでしょうか。
恐らく、上手く使いこなせないと思うんです。
実際に知り合いに借りた1本8万円のドライバーで、何球か打たせてもらったことがあります。
結果は芯に一度も当たることなく、ほとんどスライスでした(涙)。
これは、紛れもなくこちらの実力不足です(汗)。
実体験があるからこそ言えますが、いい商品を買ってもその特性を潰してしまうだけ……ということに陥るのではないでしょうか……。

自分に合ったものを!

この実体験があったからこそ、僕は今使っているコスパ最高のクラブに出会いました。
自分は今、クラブ11本とキャディーバッグがセットで3万円ほどの値段の物を使っています!
恐らく、万人受けするように設計してあるのかと。
正直これで十分!
あまり大声では言えませんが、練習場に行っても、明らかに僕のクラブより高い物を使っている人でも、まともに当たっていない人は山ほどいます。

意外と高いあれ

これも以外と良い値段しますよね(涙)。
そう! ウェアです!
最近のゴルフウェアってとてもおしゃれですよね!
特にSNS映えするような派手なデザインから、シックなデザインまで様々なウェアがあります。
普通のポロシャツであれば、安いと1000円くらい? 高くても4、5000円出せば程度の良い物が買えると思います。
この感覚でゴルフウェアを買いに行くとえらい目に(汗)。
コースに出るためにウェアを買いに行った時、やはり第一声は「高っ」でした(笑)。
確かにオシャレで、ゴルフ場だけでなく街中を歩いていても人目を引くほどのデザイン性(生意気ですが……)はあり!
にしても、なんであんなに高いんでしょうね?
誰かに聞いてみたい……。
高いと感じながらも、気に入るものがあるとついつい買ってしまう(汗)。
これもまたゴルフの魅力の一つ! と自問自答しながら買った自分を落ち着かせています(笑)。

極めつけはやっぱりこれ?

あとは、なんと言ってもラウンド費ですかね。
平均して1万〜1万5000円くらいな気がします。
今はクーポンを使って安くも回れますし、平日だとかなりお得に回れるコースも多くありますが、とはいっても7000〜8000円はします。
一度プレーするだけでこの額が必要になるスポーツはなかなかありませんから、高いと感じるのも必然的ですよね……。
身近にいる人にもたまにゴルフの声掛けをしているのですが、必ずお金の話になってきます。
「クラブやウェアは安く買うことができる」と熱弁すると「一回やってみようかな!」となる人が多いですが、ラウンド費の話になると必ずと言っていいほどやめておく……と言われてしまいます(涙)。
となると、「ゴルフ=高い」の一般的なイメージは、このラウンド費の高さにあるのではないかと……。

ゴルフへの意気込み!

今回は、「ゴルフ=高い」を冷静に分析してみました!
分析したところで、少しお金の掛かるスポーツだという事実は覆りませんが、決して競技という概念でプレーするのではなく、おしゃれなウェア、大自然の中で思いっ切り打てる爽快感、など他のスポーツにはない特性がたくさんあるのかな? と、書きながら思いました!
今回は(も?)、ゴルフの実際を書かせてもらいましたが、次回はゴルフにしかない魅力をとことんお伝えしようと考えています!
ゴルフ歴1年ちょっとの初心者でも、かなり魅力が感じられるゴルフ。この先どんな魅力を感じられるのかが、とても楽しみです!
一日でも早く思いっ切りゴルフを楽しめる日が来ますように!
それではまた!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧