【アプローチの基本クラブ選択】PW、AW、SWこの3本をアプローチでどう選択すればいいか【QPレッスンタイムズ】

GOLF Net TV

【GOLF Net TV】

PW、AW、SWこの3本をアプローチでどう選択すればいいか。誰もが一度は悩んだことのあるこの疑問を解決する!

アプローチの基本のウェッジ3本

【GOLF Net TV】

通常アプローチのクラブというと、ウェッジが3本入ってるのが基本的です。PW、AW、SWになります。

【GOLF Net TV】

PWを使う展開っていうのは、いわゆるピッチ&ランといってですね。球をある程度飛ばして、あとは転がして寄せていくっていうやり方をする時に使います。

【GOLF Net TV】

SWは、ロフトが一番開いてますので、球を大きく上げてなるべくその場にとどめるために使います。

【GOLF Net TV】

AWは、PWとSWのちょうど中間ですね。球をある程度飛ばして、ランもそこそこに出すといった使い分けをしていきます。

3本の中で一番やさしいのはPW

【GOLF Net TV】

ひょっとしたら、アプローチはすべてSWでやらなければいけないと思われてる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

それは実は大きな間違いで、実際は、この3本の中で一番やさしいクラブはPWになるんです。

【GOLF Net TV】

それはなぜかというと、PWというのは一番ロフトが立ってます。あんまり大きく振らなくても勝手にコロがって寄ってくれるわけですね。

【GOLF Net TV】

基本的にSWを使ってアプローチするのは、ピンポジション的にシビアな時です。

ツアープロのようにシビアなセッティングでゴルフをしてる人は、SWを使って寄せるパターンが非常に多いですけども、みなさんのようにそれなりのコースコンディションでやる時には、PWないしAWで対応してください。

3本のクラブで同じ距離を打ち分けると……

【GOLF Net TV】

SW

・大きな振り幅でないと、ピンまで届かせられない
・フランジが近いところで振るのは、イメージしづらい

AW

・ある程度キャリーが出て、キャリーと同じくらいランが出る
・なんとなく距離にも合っているクラブ

PW

・ランが非常に多く、パターのようにコロがしやすい
・カップインまで狙えるんじゃないかというようなアプローチが打てた

【GOLF Net TV】

アプローチは、多くの標準として、「フランジから4歩ぐらいのところにキャリーをして、あとはコロがってくれる」というようなクラブを選ぶと、非常にイメージが湧きやすいと言われています。

すべてSWということではく、なるべく多くの可能性を持って、普段からPW、AW、 SWでもアプローチ練習をするように心がけてください。


3つのクラブでの打ち分けは、ぜひ動画でもご確認ください。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

GOLF Net TV

「GOLF Net TV」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約3,500本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧