振り抜きやすさと初速性能がアップした正当進化形「ゼクシオ 12 ドライバー」

【ゴルフダイジェスト・オンライン】

2022年モデル のゼクシオシリーズから、今回は「ゼクシオ 12 ドライバー」を試打。GDO編集部のホッシーとゴルフライターのツルさんが、マイクラブの打球データを比較しながら、その性能を検証しました。

※リンク先は外部サイトの場合があります

「ゼクシオ エックス」とは兄弟モデル

【ホッシー】
今回試打するのは、ゼクシオシリーズの2022年モデルとなる「ゼクシオ 12 ドライバー」。前回に試打した新しい「ゼクシオ エックス ドライバー」は、自分でもビックリするようなボール初速が出たモデルでした。兄弟モデルの「ゼクシオ 12」も期待大です!

クラウンの突起「アクティブウイング」はゼクシオエックスと共通。空気抵抗によってつかまりを良くし、打点のばらつきを抑える 【ゴルフダイジェスト・オンライン】

【ツルさん】
こちらの「ゼクシオ 12」にも、22年モデルの最新テクノロジーである「アクティブウイング」が新搭載されています。ただし、「ゼクシオ 12」は従来モデルどおりにシャフトが接着式になっていて、クラブ総重量は「ゼクシオ エックス」よりも約20g軽い。そのあたりが2モデルの大きな違いですね。

構えるとややフックフェースで、球をつかまえてくれそうな安心感がある 【ゴルフダイジェスト・オンライン】

【ホッシー】
構えてみると、まさにゼクシオという感じ。若干フックフェースになっていて、球をつかまえてくれそうな雰囲気。スライサーには安心感がある顔つきです。フェース面がよく見えて、球が上がりやすそうに感じるのも、いかにもゼクシオらしいところ。では、打ってみます!
【ツルさん】
おぉ! ホッシー、すごい数値が出ましたよ。「ゼクシオ 12」でもボール初速がめちゃ出ています。ボール初速性能は、前回試打した「ゼクシオ エックス」と同等です。

【ホッシー】
新しいゼクシオのヘッド設計には、スリクソンのZXシリーズでも採用されている「リバウンドフレーム構造」が使われているんですよね。その効果も大きいだろうし、クラブ自体をスピーディに振り抜きやすく感じました。クラブ全体のバランスがいい!

【ツルさん】
「ゼクシオ 12」は、ヘッドを重くする一方で手元側に重心を寄せてスピードをアップさせるテクノロジーなど、歴代のゼクシオで採用されてきた技術がすべて詰め込まれた集大成モデル。僕も試打してみて、ホッシーと同じように振りやすく感じました。

【ホッシー】
オートマチックに球がつかまって、ボール初速を上げて飛ばしやすい。従来よりもさらに完成度が高められた、“ザ・アベレージゴルファー向けドライバー”だと思います。購入してビニールを剥がしたら、誰でもすぐにナイスショットが打てます。(笑)

【ツルさん】
球のつかまりの良さや、弾道が安定するスピン量が得られるヘッド性能は「ゼクシオ エックス」と共通しています。「ゼクシオ 12」はフックフェースになっているぶん、より球が右に逃げにくいモデルになっていますね。あとは、標準で装着されているシャフトの違いが大きいです。

標準シャフト「MP1200」のSフレックスはクセがなく振りやすい。ヘッドスピード45m/s前後で振っても頼りなさは感じない 【ゴルフダイジェスト・オンライン】

【ホッシー】
僕の場合、「ゼクシオ 12」のシャフトのほうがタイミングを取りやすく、正確にミートしやすかったです。硬さではなく、シャフトのしなり感が僕には合っていました。

【ツルさん】
「ゼクシオ 12」のSフレックスだと、ヘッドスピード40m/sぐらいの人にちょうど良さそうです。でも、ホッシーがフルスイングをしても、ちゃんと打てちゃうんですよね。

【ホッシー】
頼りなさや物足りなさは、まったく感じなかったです。ヘッドとシャフトがどちらも高性能で、その組み合わせも高次元なドライバーだと思います!

とにかく振りやすく、初速性能も高い。右へのミスを恐れずに飛ばせる「ザ・アベレージ向けドライバー」 【ゴルフダイジェスト・オンライン】

試打したクラブのスペック

ゼクシオ 12 ドライバー
●ロフト角:9.5度 ●シャフト:XXIO MP1200 ●硬さ:S

マイクラブ情報

ホッシー:テーラーメイド SIM MAX ドライバー
●ロフト角:10.5度 ●シャフト:Diamana TB 50 ●硬さ:S

ツルさん:タイトリスト TSi3 ドライバー
●ロフト角:10度 ●シャフト:VENTUS BLUE 6 ●硬さ:X
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ゴルフダイジェスト・オンライン

ゴルフ場予約からトーナメントニュースまでワンストップでカバーする日本最大級のゴルフポータルサイト。最新機器を積極活用する独自のギア・レッスン情報で、悩み深いゴルファーに新たな視点を提供します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧