体温を上げる「温活」のすすめ

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 昔から「冷えは万病の元」といわれています。一説によると、体温が1℃下がるだけで代謝が12%、免疫力が30%下がるのだとか。低体温が身体にもたらすデメリットと、体温を上げる方法をお伝えします。

※リンク先は外部サイトの場合があります

低体温はなぜ良くない?

健康な人の平熱は36.5〜37.1℃といわれていますが、現代人は平熱が35℃台という低体温の人が増えているようです。

体温が低いとなぜ良くないのでしょうか。それは基礎体温が免疫力に関係しているからです。私たちの血液の中には免疫システムをつかさどる白血球が存在し、外部から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視して、撃退する働きをしています。

つまり、白血球が常に体内をパトロールしてくれるから、私たちは病気にならずに済むわけです。しかし、低体温になると血流が悪くなり、白血球の働きが弱まるため、細菌やウイルスを排除できず、風邪やウイルスなどの感染症にかかりやすくなります。

低体温の原因

体温が低くなる原因として、筋力の低下、過度のストレスなどによる血行不良、睡眠不足、食生活の乱れなどが考えられます。

また、冷たいものの摂り過ぎや薄着、エアコンの効きすぎた部屋で長時間過ごすことも内臓を冷やす原因になります。夏に溜まった冷えによって季節の変わり目に体調を崩す人も少なくありません。

秋冬になって慌てて冷え対策するのではなく、年間を通して自分の身体を温める「温活」に取り組むことが大切です。

「温活」で体温アップを目指そう

毎日の生活に温活を取り入れて、病気に負けない身体を目指しましょう。

●筋トレをする
筋トレで筋肉を増やすと血流が促され、体温が上がりやすくなります。気軽にできるスクワットや階段の上り下りなどがおすすめです。筋力が落ちやすい下半身の筋肉を鍛えられます。

●入浴する
忙しいからといってシャワーで済ませていませんか。1日1回は湯船につかって身体を温めましょう。

●お白湯(さゆ)を飲む
お白湯とは水を沸かしてお湯にしたものです。朝起きたらカップ1杯のお白湯を飲んで、内臓から身体を温めましょう。やけどしないように飲みやすい温度に調整してください。

●腹巻や湯たんぽ、カイロを活用する
腹巻や湯たんぽ、カイロなどの温活グッズを活用して、身体が冷えないようにする工夫をしましょう。

【参考】
体温を上げて 免疫力アップ|カンタン健康生活習慣|サワイ健康推進課
https://kenko.sawai.co.jp/healthy/200909-02.html
(参照 2020-11-06)
「低体温」は、どうすれば改善できますか?|早稲田大学
https://www.waseda.jp/inst/weekly/use/2014/10/27/12516/
(参照 2020-11-06)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧