ゴルフスイングの勘違い〜床反力・地面反力 第2弾〜

ココカラネクスト

【(c)CoCoKARAnext】

 トータルゴルフフィットネス トレーナーの小谷博文です。

床反力・地面反力第2弾!

今回は床反力・地面反力を高めるトレーニングのご紹介です。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 床反力を受けるときに、身体のバランスを保てていなかったり、踏んだ後に返ってくる力をもらえきれなかったりするのには、関節の柔軟性の問題もあるのですが、バランスをとる・姿勢を保つという事がとても重要です。

そこで今回は、床反力を上げることで軽視されがちなバランストレーニングからご紹介させて頂きます。

両足立ちの時にはグラグラしてしまうということはほとんどないですね、なので片足の状態でバランスを取るということを行っていきましょう。

最初にご紹介するのは、片足立ちでアドレス姿勢をとっていきましょう!

【(c)CoCoKARAnext】

最初のエクササイズでは動きのエクササイズではなく安定性を高めるエクササイズです。

30秒間キープすることを目標にしましょう

動きを制御するために安定させるということが基本になります。

ここで押さえて頂きたいポイントは足首でバランスを取る(Ankle Strategy:アンクルストラテジー)ということです。

そして、足の裏の筋肉やセンサーを活発にしておくことが足首を使うことに繋がってきます。

足の裏を活性化させるために、ゴルフボールを軽く踏み足の裏でボールをコロコロ転がしましょう。

転がした前と後でのバランスの変化はどうですか?

転がした後での方が足の裏の地面への接地感がわかると思います!

これが足の裏センサーが活発になった証拠です。

2つ目のトレーニングはバランスをとりながら筋力を鍛えていきます!

【(c)CoCoKARAnext】

片足のアドレス姿勢から上半身を左右に捻っていきましょう。

動きを加えた状態で安定させ、お尻や腿裏にキツさを感じながらバランスをとっていきましょう。

ゆっくりな動きに慣れてきたら、捻るスピードを上げレベルアップしていきましょう。

ここでは床反力を最大限に使うためのバランストレーニングを2種目ご紹介させていただきました。

ここから「バランス能力+パワーに繋がるための筋力を鍛えるエクササイズ」をし動きの中でバランスを保つことをトレーニングしていきましょう!

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧