初めてのラウンド!練習場とは何が違うのか?

Gridge(グリッジ)

【photo-ac】

ティーチングプロドラマーのつじです!
私は昨年、コースデビューをしました。この記事を読んでいる方の中には、これからコースデビューをする方もいると思います。
練習場とコース。一体何が違うかを偉そうに……? いやいや実体験をもとに紹介したいと思います!

「パターがスコアの要」がイヤでもわかる!

練習場とコースの違い。それはパター。
練習場によってはパター練習場もありますが、やはり初ラウンドとなるとパッティングが非常に難しいと感じます。ナゼか。
「テレビなんかで見てると簡単そう」
「ボール転がせば入るんじゃない?」
なんて私も思っていましたが、そうは問屋が卸さない。
グリーン上は平らな場所ばかりではなく、傾斜があります。右に曲がってみたり、左に曲がってみたり、上り傾斜があれば下り傾斜もある。
「あー! そんなに転がらないでー!」なんて叫んでみたり。
「あら……ボールが途中で止まってしまった」なんて悲鳴も聞こえてきます。これ、ほとんど自分のことでもありますが(笑)。
「パターがスコアの要」ということが身にしみます。

意外と気になる後続組と影。

「よし! 気持ちよくドライバーを振るぜー!」なんて思っていると、後続組がやってきます。
何だか見られているような、急かされているような。焦ってスイングして、トップしたりスライスしたり……。
練習場では後ろから誰かに見られていることはあまりないので、プレッシャーに感じるかもしれません。
はじめは慣れないかもしれませんが、焦らずに自分を落ち着かせて。もし気になったら勇気を持ってアドレスを一旦解いて、深呼吸するのも良いと思います!
しかし、スロープレーにならないように気をつけましょう!
また、意外と気になるのが「影」です。
練習場だと気になりませんが、コースに出ると自分の影が気になる人もいます。
アドレスすると、自分の影が見える。この違和感はなかなか練習場では克服できないかもしれません。
実際にショットする前に2〜3回素振りをして、自分の影に慣れることをオススメします!

すべてを忘れさせるゴルフの楽しさ!

ちょっと脅かすようなことを言ってきましたが、それでもゴルフって楽しい!
パターは外したけど、ドライバーショットが成功した! ロングパットが入った! ゴルフは失敗することも多いですが、ナイスショットが出た時の快感はすべてを忘れさせてくれます。
また、一緒にラウンドした人との反省会がこれまた楽しいんです!
「あのホールのセカンドショット、ベタピンだったね!」
「ドライバー、練習場よりも飛んだよね!」
なんてお互いの良かった部分を褒めあったり、反省したり。これもゴルフの醍醐味だと思います!
初めてのラウンドは緊張することが多いと思いますが、ちょっとでもこの記事のことを思い出したら「あぁ、あの記事で書いてあったのはこのことか」と、思ってもらえるだけで少しは気が楽になると思います!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Gridge(グリッジ)

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧