アイアンを極めたい人に◎ ミズノ「Mizuno Pro 221・223・225アイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

ミズノがMizuno Pro シリーズのニューモデルを発売!そこで今回は、クラブフィッターの小倉勇人さんに、Mizuno Pro 221・223・225アイアン3モデルをまとめて試打してもらい、クラブの特徴や試打した感想を語っていただきました。

Mizuno Pro シリーズ

Mizuno Pro シリーズはもともとカスタムモデルで、ミズノの店でないと買えないという結構高嶺の花だったシリーズでしたが、今回Mizuno Proシリーズが、一般販売を開始しました。

一般の人には難しくて使えないんじゃないかと思われがちなんですけど、芯で打ったときの感触、五感に訴えかける部分はしっかり作り込まれているので、上達志向の強い人や、まだ上達してない人にも触れてもらいたいです。ゴルフの沼に入る切っ掛けになるようなアイアンです。

Mizuno Pro 221 アイアン

【スポナビGolf】

Mizuno Pro 221。ザ・マッスルバックです!昔からあるマッスルバックという形状をしっかりミズノが考えて作り込んだモデルです。

ミズノは打感にこだわっています。グレインフローフォージドHDという1本の丸棒をフェースからネックまで鍛造成型することで、より打感にこだわった仕様になっています。

【スポナビGolf】

逆テーパーブレードという技術を使って、芯が適正位置に来るように各番手ごとにブレード部の厚みを変化させています。

非常に操作性が良いので、自分で打ちたい球をイメージできる人、技術的なイメージが強く持てる人が使うと気持ちいいアイアンです。

今回のMizuno Pro全体的に使用されている銅下メッキというのがあります。メッキの下に銅を加えて、フェース面の球の接触時間を伸ばし操作性能やフィーリングを向上させている技術です。

ハーモニックインパクトテクノロジーという考え方で、グレインフローフォージドHDや銅下メッキの製法により、ミズノ独自の打感の良さや球持ちを良くしてフィーリング面もこだわっています。他の物にはない性能よりもフィーリングや打感・打音そういうところまできっちり計算・研究して作り込んでるのが、ミズノのアイアンです。

Mizuno Pro 223 アイアン

【スポナビGolf】

Mizuno Pro 223はポケットキャビティ構造になってますが、ミズノらしいプレイヤーが使えるような設計になってます。

【スポナビGolf】

221と違うところはフェース面です。221は軟鉄鍛造ですが、223は高硬度なクロムモリブデン鋼を使用することでフェースを薄肉化し、飛距離を追求しつつ重心を適正な位置に設計しやすくなっています。

これも非常に凝った新フローマイクロスロット構造により、番手ごとに隙間(マイクロスロット)のサイズを変えています。最初の4番アイアンは少し広くしてやさしさを追求し、5番、6番は部分的に狭めてすこしずつ細くしたり狭くしたりし、コントロール性とミスへの許容性を番手ごとに少しずつ変えてバランス良く設計しています。

それをバッチで塞ぐことで、ポケットキャビティと一体になるように見た目もきれいにし、良い打感をしっかり作り込んでいる非常に凝ったアイアンです。

Mizuno Pro 225アイアン

【スポナビGolf】

3本目はMizuno Pro 225、これもチャレンジングなアイアンだなと思いました。

構造として、フェース面からネックまで一体成型のクロムモリブデン鋼で作られています。後ろ側に比重の異なるステンレスのパーツをつけることで、より高弾道で打ちやすく飛距離も伸びやすいアイアンです。

構造的にはマッスルバックのような見た目ながらやさしく打てます。むしろ223よりも球は上がるかなというくらい、非常に重心が後ろにあるのでやさしく打てます。

中空的なやさしさも持ちつつ、フィーリングのいい詰まったマッスルバックぽいところもあって、非常に面白いなと思いました。

Mizuno Pro アイアンシリーズ:試打の感想とおすすめのユーザー

【スポナビGolf】

それぞれ打った感想は、221は7番アイアンでロフトが34度。いわゆるクラシカルロフトなので、スピンもしっかり入りますし、アイアンで飛距離を求める人にはおすすめしません。球をしっかり操作したい人、ミスヒット時の飛距離を抑えたい人に221アイアンをおすすめします。

【スポナビGolf】

223の7番のロフトは32度なので、少しだけロフトが立っている状態です。7番で32度というのは例えばタイトリストの100Sアイアンとか、少しアスリート向けモデルでも増えてきたロフトのピッチです。アスリートモデルに直進性、やさしさ、飛距離のようなプラスアルファが欲しいという人は、223アイアンがおすすめです。

【スポナビGolf】

225は7番で30度。一般的なアベレージアイアンぐらいのロフト設計なので、1番手くらい、221ラジカルロフトのようなアイアンからは飛ぶかなという設計です。よりシンプルに直進的に飛距離を出しつつ、良い打感と顔を持つアイアンを使いたい人は225アイアンがおすすめです。

どのアイアンがいいかというのは、試打してみての好みになるかと思いますが、私の今回の推しは、225アイアンかなという感じがあります。

やはり曲げない方が気持ちいいやさしいと感じやすいゴルファーが増えてます。現在の主流である大きなヘッドで直進性のドライバーと組み合わせると、225アイアンが流れ的に素直に合うかなという印象です。


【スポナビGolf】

Mizuno Proシリーズの他にJPXというシリーズがあります。ミズノのアイアンはかなりの種類になりますが、Mizuno Proシリーズはどちらかというとミズノの中でも最高峰、こだわっている人向けのラインであることは変わらないので、「アイアンを極めていきたい!」「カッコいいアイアンが打ちたい!」「打感のいいアイアンが打ちたい!」という思いがあるのであればMizuno Proシリーズから入っていただきたいですね。

ミズノのアイアンを1回使ってみたいのであればJPXでもいいですけど、Mizuno Proシリーズはガッツリ作り込まれてるので、所有感も含めて思いが強い人こそ買って損はないと思います。

ミズノのアイアンをチェック!

JPX 921 ホットメタル プロ アイアン

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧