曲がりを恐れず強振できる直進番長「ヤマハ RMX VD59 ドライバー」

【ゴルフダイジェスト・オンライン】

ヘッドの慣性モーメントをルール上限値(5900g・cm2)にまで高めるように設計された「RMX VD59 ドライバー」をGDO編集部ミヤGとゴルフライターのツルさんが試打。マイクラブと比較しながら、その性能を検証していきます。

※リンク先は外部サイトの場合があります

ウェイトを動かしても慣性モーメント値が変わらない

【ミヤG】
ヤマハの「RMX VD59 ドライバー」は、ヘッドの慣性モーメントをルール上限値(5900g・cm2)にまで高めるように設計されたモデルです。構えてみると、とにかくヘッドがデカい! ヘッド体積は460ccなんですが、後方側に引き伸ばされているようなヘッド形状になっているぶん、投影面積がめちゃ大きいです。

後方に引き伸ばされたような形状で、非常に大きく見える。少しオフセットがあるため、つかまりが良さそうな印象 【ゴルフダイジェスト・オンライン】

【ツルさん】
前作にあたる「RMX 220 ドライバー」も投影面積の大きいヘッドで、5760g・cm2という高慣性モーメントを達成していました。新作の「RMX VD59」では、さらに5820g・cm2まで引き上げられていて、まさにルール上限ギリギリになっています。それだけではなく、「RMX VD」シリーズには軽量カーボンクラウンが新採用されたおかげでヘッドの余剰重量が増えて、20gもの移動式ウェイトが搭載されているのも特徴ですね。

【ミヤG】
前回試打した「RMX VD」はアスリートモデルらしく、すっきりとしたヘッド形状でした。こちらの「RMX VD59」は、それとはまったくの別モノに感じます。

【ツルさん】
大きいヘッドだけど、クラウンのデザインやカラーリングのおかげもあって、僕は意外と構えやすく感じますよ。前作の「RMX220」と同様にネック側には少しオフセットが付いているのですが、ヘッド自体が左を向いているようには見えないので、前作ほどは気になりません。ターゲットに対してまっすぐに打ち出せそうな印象を持ちますし、前作よりも万人向けになっているように思います。
【ミヤG】
打ってみたのですが、僕には苦手なタイプのドライバーでした…。体感的には振りにくさを感じないものの、ヘッドスピードもボールスピードも出しにくいです。それにロフト角10.5度でも、思ったほど球が上がってくれません。

【ツルさん】
僕はミヤGとは真逆で、自分でも意外なぐらいに好印象です(笑)。思ったよりも低スピンの強い球が打てるし、なおかつサイドスピンが入りにくいので、とにかく球が曲がりません。これほどの大型ヘッドでも重心角が大きいので、球も適度につかまってくれる。プッシュアウトのミスが一発も出ませんでした。

【ミヤG】
確かに直進性の高さは感じられましたが、僕には飛ばしにくいので相性が悪いようですね…。

【ツルさん】
僕もミヤGと同じく、ボールスピードは上げにくかったです。けれど、深重心設計かつ高慣性モーメントのドライバーの場合はどれも同じ傾向にあって、直進性の高さと速さはトレードオフになるんですよね。打っていておもしろかったのは、インパクトの手前からヘッドが後ろから押されるような不思議な感覚があるところ。例えるなら後輪駆動のクルマみたいです。これもおそらく、ソール後方に搭載されている20gのウェイトの効果なんでしょう。

【ミヤG】
ドライバーが苦手で、右にも左にも曲げてOBを打ってしまう人にはいいモデルかも。若手のゴルファーで、ビュンビュン振り回す人にも良さそうです。

【ツルさん】
ルール上限に迫る高慣性モーメント設計の効果は、やはり絶大ですよ。スライド式のウェイトで球のつかまり具合を調整できるので、搭載されている機能は積極的に使って、自分がまっすぐ打てるドライバーに仕上げてほしいですね。

曲がらなさはトップクラス。基本的にはスライサー向けだが、弾道調整幅が広いので多くのゴルファーに合いそう 【ゴルフダイジェスト・オンライン】

試打したクラブのスペック

ヤマハ RMX VD59 ドライバー
●ロフト角:10.5度 ●シャフト:Diamana YR 50 ●硬さ:S

マイクラブ情報

ミヤG:テーラーメイド M5 ドライバー
●ロフト角:10.5度 ●シャフト:Speeder 569 EVOLUTION VI ●硬さ:S

ツルさん:タイトリスト TSi3 ドライバー
●ロフト角:10度 ●シャフト:VENTUS 6 ●硬さ:X
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ゴルフダイジェスト・オンライン

ゴルフ場予約からトーナメントニュースまでワンストップでカバーする日本最大級のゴルフポータルサイト。最新機器を積極活用する独自のギア・レッスン情報で、悩み深いゴルファーに新たな視点を提供します。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧