前作と大きく変化!実戦的に進化!タイトリスト最新「T200 アイアン & T200 ロングアイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2021年タイトリストから新しく進化した「T200 アイアン」と「T200 ロングアイアン」が発売されました。今回は、それぞれのアイアンをティーチングプロの石井良介さんが試打。その魅力や特徴を語っていただきました。

T200 アイアンの特徴

新しいタイトリストのT200 アイアンが発表されましたが、前作とガラッと変わっています。

前作のT200 アイアンは通常のキャビティ構造でフェースが面長でした。今作のT200を見て「ガラッと違うものが来たな!」と、みなさんもそういう風に感じられると思います。

【スポナビGolf】

構えた感じがシャープでコンパクトになっています。ソールも幅広でやさしいというところがT200の位置づけです。

T200はT100と比べて、芯を外しても距離や高さが出て、ボールを曲げることにもシビアな感じがしないところもいいです。

【スポナビGolf】

タイトリスト自体が今回Tシリーズでロフトを全体的に寝かしてきてますが、飛ばすのではなく、コントロールしてグリーンを狙って打つのがアイアンだとする考え方に沿っているのだと思います。

試打で感じた特徴

実際に試打をしてデータを取ったときにも、T100を使っていたユーザーが少し楽をしたいなというときにT200にすると、打感や球の上がりやすさ、ボールの拾いやすさにおいてやさしさを感じると思います。

おすすめのユーザー

【スポナビGolf】

アイアンを使うとき球を飛ばしたい人は、タイトリストならT300アイアンの方がおすすめです。グリーンを狙って高さを出してボールを止めたい人は、T200アイアンを選ぶといいと思います。

【スポナビGolf】

T200 ロングアイアン(ツアーユーティリティアイアン)の特徴

【スポナビGolf】

このT200は面白い展開で、5番アイアンからピッチングその下のWという設定になってますが、別の枠でT200 ロングアイアンというのも発売されてます。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

T200のセットの流れでの4番ではなく、あえてロングアイアンという位置づけで4番を出してます。T200の流れで作られてるアイアン型ユーティリティです。

T100ユーザーの人でも長い番手選びに迷ったときに、やさしさが欲しいけど本当のアイアン型ユーティリティはボテッとして嫌だなと思う人が、少しやさしさを感じられて、シルエットはシャープな感じでそのまま使えると思います。

おすすめのユーザー

4番アイアン・3番アイアンはユーティリティやウッドの方を選ぶ人も多いと思うんですが、ロングアイアンを使いたい人も根強くいらっしゃると思います。

そんなアイアン型の方がイメージ出しやすいという人や、T200 アイアン・T100 アイアンユーザーの方でロングアイアンを探してる人は、T200 ロングアイアンも参考にしてみてください。

【スポナビGolf】

タイトリスト新作アイアンをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧