5年連続開幕投手を務めた攝津正氏が語る「仕事のスイッチ切り替え方」とは?

ココカラネクスト

【︎(c)CoCoKARAnext】

 5年連続で開幕投手を務め、現役時代沢村賞をはじめ数々のタイトルを獲得した元福岡ソフトバンクホークスで、現在は野球解説者の攝津正氏。

そんな攝津氏が、現役時代に行っていた自身のメンタルコントロール、さらには仕事におけるスイッチの切り替え方について語った。

開幕投手を任されたプレッシャーは・・・

2012年から2016年まで5年連続開幕投手を務めた攝津氏。チームの大役を任された際、自身の気持ちの持ちようはどのようなものだったのだろうか。

「結果としては(勝敗が)半々だったと思いますが、いずれにせよプレッシャーはありますよね。開幕戦って独特な雰囲気ですし。でも、やれること自体光栄なことなので、ありがたい気持ちでした」

ホークスの開幕投手といえば、それまで斉藤和巳や杉内、和田といった強力な投手陣が務めてきたが、その中で自身が抜擢されたことに対して、攝津氏はこう振り返る。

「自分が開幕投手をやっていた時は、先発陣が結構抜けてしまい、自分がやらないとという気持ちがあったので頑張れたところはあります。
5年連続でやらせてもらいましたが、開幕前の出来が、良い年もあれば悪い年もある。
今の結果がそのままシーズンに結びつくかといったら、それもわからないですし、試合でもブルペンでの調子がそのまま試合に結びつくかといったらそうとも限らないですからね。そこはあまり考えないようにしていました」

先発登板日、スイッチ切り替えのタイミングは・・・

プロ入り3年目以降、主に先発として投げていた攝津氏。野球選手のみならず、社会で働く人それぞれに、「仕事のスイッチ」が入る瞬間というものあると思うが、自身は試合前どのタイミングでスイッチを切り替えていたのだろうか。

「僕の場合、試合開始40分前くらいまでは、試合モードにならないようにしてました。ずっと緊張しているといざという時に集中できないので。ブルペンに入るタイミングでスイッチを入れ替える感じでした」

先発投手がスイッチを切り替えるという点で、野球界ではその日の先発投手に対し試合前の声かけはNGとされている部分があるが、そこに対し攝津氏は自身の経験をこう振り返る。

「僕自身、喋りかけるなといったことはないんですが、色々と体の確認があるんですよね。ブルペンでボールを投げ始めるとその日の調子を含め、勝手に集中するのでそういった雰囲気にはなると思います。
話しかけて欲しいといったことはないですが、別に話しかけられても全然大丈夫という感じではありました。
チームメイトからも普通に話しかけられていました。基本的には『今日この選手の時は少し前に守ります』といった野球の話ですけどね」

攝津氏のYouTubeではこのほか試合前に行うルーティンや、敗戦時の気持ちの切り替え方など、仕事に対するメンタルコントロールについて語られている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧