番手ごとに設計されたフォージドアイアン。セットで試してほしい!キャロウェイ「APEX & APEX DCB」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回は、飛ばせるフォージドアイアンとして、APEXアイアンとAPEX DCBアイアン2モデルをゴルフライターの鶴原弘高さんが試打し、その特徴をまとめて解説していただきました。

キャロウェイAPEXシリーズ

【スポナビGolf】

APEXシリーズはアスリート寄りのシャープな形状のアイアンというのが特徴です。今回はAPEX PROという中空のモデルがあって、スタンダードなAPEXアイアンとAPEX DCBという3モデルの展開になっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

構造的にも兄弟モデルと言えるのがAPEXアイアンとAPEX DCB。「DCB」はディープキャビティーバックの頭文字で、ヘッド自体は少し大きめになっているのが特徴です。グースも少しついています。

最大の特徴

【スポナビGolf】

今回のAPEXアイアンの特徴はボディはフォージド軟鉄鍛造です。

【スポナビGolf】

フェースがステンレススチール。フェースの肉厚をAIが設計し番手ごとにフェースが設計されていて、番手ごとに最適な弾道を打ちやすく飛ばしやすくなっているのが特徴です。

試打の感想

打ってみると球は少し弾き感があってやさしさもありますが、少し小ぶりなヘッドのため操作もできるところが特徴になってます。

ワンポイント

7番アイアンだけ試打しても分からないんですが、5番アイアンでも球が上がりやすくなっているのが結構大きな特徴で、気に入ったところです。

セットで試打しないと分かりづらい部分なんですけど、セットで使った時に球の上がりづらいロングアイアンがちゃんと上がるような作り方をしています。コースで使うとさらに使いやすさがわかり、スコアメイクに繋がってくれるところもあまり知られていない大きな特徴だと思います。

2モデルの違い

APEXアイアン・APEX DCBアイアンは飛び系としてジャンル分けではなく、APEXが7番でロフト30.5度・APEX DCBが7番で30度で、ロフト差は0.5度しかないです。

【スポナビGolf】

2モデルの違いはヘッドの大きさと球の上がりやすさです。

APEX DCBアイアンの方がロフトは0.5度立ってますが、実際に打つとAPEX DCBの方が打ち出しから球が上がりやすくなってます。

なおかつ少し低スピンになるので、より打ち出しが高くてちょっと棒球で飛んで行ってくれるのがこのAPEX DCBです。

おすすめのユーザー

【スポナビGolf】

ゴルファーの球筋の好みやプレースタイルにもよりますが、少しスピンが入ってアイアンぽい球が打ちたいならAPEXアイアンですね。


【スポナビGolf】

打ち出しから球が上がって欲しい人は、APEX DCBアイアンというような選び方がいいと思います。

APEX DCBアイアンの方がグースによって球を捕まえやすくなっているので、スライス傾向の人にとってはAPEX DCBアイアンの方が真っ直ぐ打ちやすいと思います。

今回のAPEXアイアンは、どのモデルも小さいヘッドの中にキャロウェイのいろんなハイテクがギュギュギュっと詰まっているので、ぜひ購入してコースで使ってみて、その効果を実感してもらえたらなと思います。

キャロウェイのアイアンをチェック!

【スポナビGolf】

撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧