アイアンのダフリやトップを改善!簡単スイング改善ドリル

スポナビGolf

【スポナビGolf】

ゴルフを始めて芝生でボールを打ったときに、ダフりやトップに悩むアマチュアの方は大変多いと思います。そこで今回は、ティーチングプロの石井良介さんにアイアンのダフリを改善するドリルを紹介していただきました。

ダフリを改善するドリル:アイアンスイング練習

用意するのはピッチングウェッジです。短い距離から練習するためピッチングウェッジで練習します。

ダフってしまう原因

ダフる理由は、大きく分けて2つあります。
:スイングする際に体が右側に傾いてしまう人

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

クラブを上げて下ろすときにどうしても体が右に傾いてしまう人は、地面の手前を叩きやすいのでダフリというミスが出やすくなります。

【スポナビGolf】

:右手ですくうような動き(キャスト)をする人

もう1つが右の手でボールをのすくうような動き(キャスト)をする人もダフりをしやすくなります。

【スポナビGolf】

ポイント:体の軸を大きく動かさない!
この2つのミスを矯正するために覚えておいていただきたいことは、まず1つ、自分の体の軸(背骨をイメージ)を大きく動かさないようにすること。


【スポナビGolf】

うまくなるためには、ボールを打つときに地面の同じところが叩けるようになることが重要です。

ダフリ改善ドリル

【スポナビGolf】

自分の体が左右に動いてしまう理由もいろいろあり、簡単に足を閉じて打つというのも効果的なんですが、今回はさらにレベルを上げて、左足一本で立ち、右足は少し引いてつま先立ちくらいで左足に重心を掛けます。

【スポナビGolf】

この状態で前傾をします。左足1本で立っているような状況で、軽くボールをハーフショットくらいでバランスよく打ってみてください。

【スポナビGolf】

片足立ちで右足は少し後ろにボールを軽く打ちます。肩の高さから肩の高さくらいで軽く振ってみます。

【スポナビGolf】

今のように左足の方に体を残して体を右に傾けない状態でボールを打つと、多くの人がダフらないでクリーンに打つことができると思います。

今はピッチングウェッジでやってみましたが、ピッチングウェッジでできた人は8番アイアンくらいで試して、少しずつ距離を出すショートアイアンで練習するとステップアップするといいでしょう。

僕で8番アイアンで80〜100ヤードのイメージで打って練習をします。そうするとスイングするときの最下点(地面に1番近づく点)のブレ幅が狭まってきます。

実際にその状況で芝生の上で素振りをしてみると、芝生の同じところが削れてくるようになります。そこにボールがあれば、比較的安定してボールを捉えることができるようになるので、ダフったりトップしたりすることが減ってくると思います。

【スポナビGolf】

最後にもう1つポイント:ボールを上げるのはクラブの仕事!

アイアンで高い球を打ちたいことがあると思いますが、ボールを上にあげるのはクラブの仕事だということも知っておいていただきたいと思います。

円運動をしている地面に向かっている最中に打てれば、アイアンは基本的に高い球に勝手になってくれるので、自分ですくい上げようとするとダフったりトップしたりミスの原因になります。

ボールを上げるのはクラブに任せて、自分はきれいに丸く同じ地面のところを叩ける練習をしていくとアイアン名人に近づけます。ぜひ次のラウンドの前に練習してみてください。

石井プロ厳選!!上達志向の人におすすめアイアン5選

【スポナビGolf】

アイアンがうまくなりたい人のために、石井プロがおすすめするアイアンを紹介します。今回ご紹介したドリルとあわせて試してみてください。

・スリクソンZX5
・PING i210
・キャロウェイ APEX
・ミズノ JPX フォージド
・フォーティーン TB5

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧