アスリート向けの人気シリーズ!タイトリスト「TSi シリーズ ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2021年タイトリストTSiシリーズのTSi1とTSi4モデルが追加発表され、ヘッドが4タイプになりました。そこで今回は、タイトリスト「TSiシリーズ ドライバー」をそれぞれクラブフィッターの小倉勇人さんが試打して、その特徴を解説していただきました。

TSiシリーズドライバー

【スポナビGolf】

TSi1とTSi4がセレクトストア限定というかたちで追加モデルが発表されて、タイトリストのTSiシリーズのドライバーは、TSi1・TSi2・TSi3・TSi4の4タイプになりました。

【スポナビGolf】

ゴルファーの好みに合わせて選べるようになっていますが、それぞれの違いについて簡単に説明していきます。

基本的にはタイトリストのTSiシリーズはアスリート向けです。ある程度ボールを自分でミートできるゴルファーが、より良い結果を出すために細分化されてるというスタンスになってます。

基本的に球をつかまえてくれる、ミスを助けてくれる機能は搭載されてないので、そこは勘違いしない方がいいかなと思います。

TSi2の特徴

TSi2・TSi3が一般的なゴルフショップで売っているモデルです。

TSi2の方は少しオートマチック感を持たせて、直進性の強いモデルになってます。ウェイトが少し後ろに搭載されており、多少の打点ミスも曲げに繋げないように設計されてるモデルです。

TSi3の特徴

TSi3は可変ウェイトが搭載されていて、少しウェイトの位置を変えることでボールのつかまりやヘッドローテーションの動きを調整することができます。より狙ったところに狙った弾道を打ちやすくするように設計されてるモデルです。

TSi1の特徴

【スポナビGolf】

今回セレクトストアで追加モデルになったTSi1は、ウルトラライトウェイト設計で非常に軽く仕上げられてます。
小さなパワーでもヘッドスピードを稼ぎやすくするという設計なんですが、決して助けるためではなくて、より速く振りやすくして、より飛距離を追求する意味合いもあります。

【スポナビGolf】

パワーのない人で、ボールを技術的につかまえられる人には適してるモデルなんですが、強振しても振り負けないTSPO13 45シャフトや、軽量によるデメリットをできるだけ消すことで、しっかり振ってもロスの少ない設計になっています。軽さを武器にできる人におすすめのクラブです。

スイングが安定していて、軽いクラブを使ってもデメリットを感じにくい人が使うと、より飛距離も追求できるし、小さな力で振れるので体力温存もできるという考え方もできると思います。

TSi4の特徴

TSi4は、TSi3よりさらに操作性を高めたモデルになってます。

【スポナビGolf】

他のモデルはヘッド体積が460ccですが、TSi4は434ccで少し小ぶりになってます。

【スポナビGolf】

フェースのすぐ後ろに固定ウエイトが1つ搭載されています。

フェースローテーションをしやすく設計することで、ヘッドをコントロールしてボールの弾道を自分で作っていきたい人に非常に使いやすいモデルになっています。

それぞれの考え方に合わせてクラブを細分化することで、より良い結果を得てもらおうというのがタイトリストの考え方です。

ゴルフクラブは安い買い物ではないので、しっかり自分の意志を持ってクラブを選んだ方が後悔は少ないです。自分がどういうふうにゴルフをしたいかをしっかり考えて、後悔の無いクラブ選びをしてほしいと思います。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧