今年大注目!人気の理由を徹底解説!「スリクソン ZX5 アイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今年マスターズ優勝の松山英樹プロが使用して大注目のスリクソン。そこで今回は飛ばせるフォージドアイアンとして、ゴルフライターの鶴原弘高さんに「スリクソン ZX5 アイアン」の魅力や売れている理由を語っていただきました。

スリクソン ZX5アイアンについて

今回ご紹介するスリクソン ZX5 アイアンはメチャメチャ売れまして、一時メーカー在庫が無くなるくらい売れたモデルです。

【スポナビGolf】

ZXシリーズはZX5・ZX7に加えて、追加モデルとしてZX4という中空で飛び系モデルも発売されました。

ZX7の方はフェースも全てがS20Cの軟鉄鍛造になっていて、完全なアスリート向けアイアンで少しロフトが立っているのが特徴です。ZX5は、ZX4・ZX7に比べるとより簡単に飛ばしやすくしたモデルだと思います。

最大の特徴

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

見ていただくとわかるように、とてもカッコいいバックフェース。構えてみてもヘッドは大きくないというのが特徴で、アスリート向けなんだろうなという印象のアイアンです。

試打の感想

打ってみると、やさしさを感じつつ球筋を操作することも可能です。

やさしいアイアンを好む国内男子ツアーの選手にも人気があるので、ツアーユースにも耐え得るし、アベレージゴルファーにも比較的扱いやすくて飛ばせるモデルになっています。

ロフトは7番で31度と立ちすぎてはいないので、アイアンの番手間の距離を作りやすいというのもポイント。ここもやはりスリクソンらしいところかなという部分ですね。

ワンポイント

【スポナビGolf】

スリクソンの特徴は、このモデルからソールのヒール側とトゥ側に削りがあり、設置面積が少なくなっている点。これによって抜けが良く、特にラフで打ったときに効いてくれるソールになっています。

【スポナビGolf】

スリクソン独自の少し山型になったV字型のソールでも抜けを良くしています。比較的ワイドソールなんですが、それほど突っかかることもなく、抜けすぎることもない、ちょうど良いくらいに当たって抜けてくれるようなアイアンです。

おすすめのユーザー

ZX5は見た目の格好良さ・構えやすさ・シャープ感、実際に打ったときの球の扱いやすさと、ミスはある程度許容してくれて操作もできる、そういった全体のバランスがとてもいいところが大人気。だからこそ売れているんだと思います。

幅広いユーザーが使えるアイアンです。これから100を切りたいようなユーザーでも使えるし、男子ツアーの選手のようなシングルゴルファーでも使えるモデルなので、少しやさしくてシャープなアイアンが欲しい人におすすめです。ぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

スリクソンZXシリーズをチェック

【スポナビGolf】

撮影協力:
PGMゴルフアカデミー銀座
http://www.pacificgolf.co.jp/indoor/
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧