高弾道で狙ったところに打ち出しやすい!タイトリスト「TSi1 ユーティリティメタル」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

タイトリストが2021年TSiシリーズの追加モデルTSi1・TSi4を発売しました。今回は、タイトリスト「TSi1ユーティリティメタル」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打。その特徴を解説していただきました。

TSi1 ユーティリティメタルの特徴

【スポナビGolf】

TSi1は、しっかりしてるけどかなり軽量に仕上げたモデルです。

ユーティリティで330g台だと、大体一般のアベレージ向けクラブの重量ぐらいなんですが、今回のTSi1 ユーティリティメタルは330g台と軽めの重量で、しかもアスリート向けの設計。このようなモデルはおそらくTSi1だけだろうと思います。

基本的に軽いモデルは、優しく振ってもミートしやすいのですが、強く振ったときにクラブが過敏に動くのでミート率を稼ぎにくくなります。パワーがない人が強く振るためのクラブと言えるでしょう。

おすすめのユーザー

おすすめユーザーとしては、ズバリTSi1シリーズを使用している人。TSi1シリーズを使っている人がこれを入れると、非常にバランス良く振れて、ミートもおそらく期待できる流れになります。

TSi1シリーズを使用していない方は、軽量なドライバーを使用していてユーティリティでつかまりを抑えたい、自分でコントロールしたい人に非常にいいと思います。

【スポナビGolf】

モデルとしてシャキッとしたシャフトとつかまりを抑えた部分が特徴のひとつですが、ヘッドスピードがゆっくりでも弾道を上げるためにヘッド重心が深く大きいヘッドを採用してるので、ボールはとても上がりやすいです。

そのような特徴をうまく自分のゴルフの中に当てはめてみて、左に行かずに高い球を打ちたい人にはとてもいいヘッドです。

ただ、フルスイングした時に他のクラブとのマッチングに影響してくるため、重量だけは気をつけていただきたいなと思います。

7〜8割で優しく打って球を上げたいという方であれば、これだけ1本軽いものが入っていてもいいと思いますが、次のショットでこれより重いクラブを持つと流れ的に多少影響が出てきます。その辺を理解して選んでいただくと、とても使い勝手の良いヘッドだなというイメージです。

試打の感想

軽量モデルなので芯に当たればそんなにスピンは入らないのですが、重心が深いのでつかまりを抑えて一定のエリアを狙えます。

針の穴を通すような感じというよりは、一定のエリアに安心して安定して狙っていくというような性格のクラブに仕上がってます。ぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

タイトリストのTSiシリーズをチェック

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧