マレット型パターの選び方を解説!厳選おすすめパターも紹介

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回はクラブフィッターの小倉勇人さんに、マレット型パターの特徴について解説していただきました。おすすめのマレット型パターも紹介していただいたので、パター選びに悩む方、ぜひチェックしてみてください。

マレットタイプパターの特徴

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

パターは大きく分けて『マレット型』と『ブレード型』があります。

マレットという言葉の語源は木槌という意味。日本では『かまぼこ型』と言われることもありました。

マレットいわゆるフランジがあって、投影面積が大きくヘッド後方に奥行きがあるパターのことを指します。

【スポナビGolf】

これは有名なスパイダーXというパターで、マレット型の主要モデルの一つです。

【スポナビGolf】

奥行きがあると何がいいかというと、投影面積が大きいのでサイトラインが作りやすいというのがマレットのメリットの一つです。

もう一つのメリットは、スパイダーXもあるようにウェイトが2つ付いている点。中は軽くウェイトを外側の後ろに付けるという形で重心をコントロールしやすくなってます。

芯を外してもヘッドがブレにくいパターを作るのに投影面積があるのでしやすいというのがマレットパターのメリットです。

投影面積が大きいのでサイトラインが作りやすい、重心の位置をコントロールしやすいというメリットが合わさり、ミスヒットにも強くオートマチックに安定して打てるやさしいパターと一般的に言われています。

【スポナビGolf】

ただ、マレットにも投影面積があってもウェイトが前側に設定されてるモデルもあります。ネックの形状によっても性能や振り心地が変わってくるので、ヘッドが大きいからといってすべてがやさしいというわけではありません。

マレット選びの際には、ネックやウェイト位置などを見て実際に打ち比べてから選んでみることをおすすめします。

小倉さん厳選!おすすめマレット型パター

【スポナビGolf】

テーラーメイド スパイダーFCGパター

FCGはForward Center of Gravityの略。直訳すると前重心です。重心を前に置くことで操作性が向上したパターになってます。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

フェース面の転がりのいいPURE ROLEインサートや、ホワイトトゥルーパスT型アライメントなどの構えやすさ、フェースの向きなどを残しながらブレードの振り心地をマレットで再現したモデルと言って良いと思います。

FCGの方は割と速く振ってもヘッドがしっかりついてくるので、速いテンポで打ちたい方向けのパターです。

プロが好むショートスラントやブレードタイプにもよく採用されるクランクネック。それからフェースバランスになりやすいベントシャフト3種類ネックが用意されているので、非常に幅広いゴルファーに対応してるような設計になってます。

重心が深いマレットが苦手な方にも扱いやすいパターです。

【スポナビGolf】

PING ヘプラーフェッチパター

ヘプラーというモデルは、外周の茶色い部分を重いステンレス素材。黒い部分を比重の軽いアルミニウムの複合素材で作られています。

重い部分を外側に配置して真ん中の部分を軽い金属で作ることで、重量を左右に分けてミスに強いヘッドに設計しています。重量が左右にある方がヘッドのブレが減るので、芯を外してもヘッドと方向がブレにくいのです。

フェッチというモデルは比較的前寄りの重心設計になっているので、ヘッドが動かしやすくなります。マレットの構えやすさに操作性が加わっている、いいとこ取りのパターに仕上がっています。

【スポナビGolf】

マレット型はサイトラインにいろんな入れ方がありますが、今回のフェッチのモデルは、外側のステンレスに2本入れることでフェース面の向きが分かりやすくなります。

【スポナビGolf】

真ん中の特徴的な丸で構えるとボールと丸が2個並ぶように見えます。合わせるときは2本の線でしっかりとフェース面を見て、ストローク中には丸を丸にぶつけるようなイメージがわきます。

【スポナビGolf】

あとはステンレス製のインサートがないフェース面なので、弾く打感・打音を感じたい方におすすめのパターです。割りと強い転がりを生みやすくなります。

ブレード型からマレット型に替えたい方の入門用におすすめのモデルです。マレットの構えやすさとブレードの操作性を兼ね備えているので、PING ヘプラーフェッチパターは非常にいいと思います。

個人的にすごく気に入ってる部分がボールがとっても拾いやすいところ。ボールが簡単にスポッとはまるので、腰を曲げずにボールを簡単に拾うことができて思った以上に楽なので、ちょっとクセになるかもしれません。

【スポナビGolf】

PING シグマ2 ハーフパイプパター

渋野日向子プロがシグマ2アンサーを使い、全英女子オープンで優勝しています。

【スポナビGolf】

ちょっと小さめのミッドマレット形状です。シグマ2特有のTR溝で、非常に打感がソフトで芯を外しても転がりが変わりにくい技術を搭載しています。

特にパターが苦手な方や初心者の方におすすめのパターだと思います。

【スポナビGolf】

シャフトを支えて宙に浮かすとフェースが真上を向くフェースバランスになっていて、振り子の動きをした際にフェース面がねじれにくいので、自ら操作しなくてもまっすぐ打ちやすいパターです。

【スポナビGolf】

やさしいマレットタイプは、自分が動いてしまったり力んでしまうと急に飛んでしまうのですが、このミッドマレットタイプはそれが少ないです。普通のブレードタイプに比べて投影面積が大きい分、サイトラインとかフェース面の向きをわかりやすくできますので構えやすさもあります。

飛びすぎない、ミスにも強い、そして構えやすい。それでいて極端なクセがないので、パターのスキルを磨きたい方向けだと思います。

初心者向けと言いましたが、多くの女子プロがこのモデルを使って優勝しているので上級者にも非常に人気の高いモデルです。

シグマ2は値段が下がるこれからが狙い目の良いモデルだと思います。

【スポナビGolf】

PRGR シルバーブレードEE 03CSパター

パターのブランドは非常に海外ブランドが強くて、オデッセイ・PING・スコッティキャメロン・テーラーメイドなど、人気のブランドは海外ブランドのメーカーが多いです。そんな中で唯一日本ブランドの中で一番売れてるブランドが、PRGRのシルバーブレードシリーズになります。

【スポナビGolf】

シルバーブレードという名前だけにフェース面を必ずシルバー色のアルミ素材にこだわりを持って作ってます。

金属製のソリッドな打感に軽やかさを併せ持つ、柔らかいけど硬いという打感です。

【スポナビGolf】

EEというシリーズは、形状も英語の大文字のEで、直線的に構えやすいアライメントになっています。投影面積の大きいモデルで構えやすく、深重心でミスに強いタイプのパターです。広い投影面積と適度なやさしさに操作性を入れた印象です。

【スポナビGolf】

センターシャフトは難しいと思う方も多いのですが、このPRGRのセンターシャフトは重心が深いので、芯を外してもヘッドがブレにくくやさしいモデルになっています。

苦手意識のある方に、ぜひ一度試して欲しいと思います。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧