フックを恐れず叩ける!タイトリスト「TSi3 ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回は、クラブフィッターの小倉勇人さんに、いちおしのクラブとして、タイトリスト「TSi3 ドライバー」をご紹介いただきました。クラブの特徴をぜひチェックしてみてくださいね。

タイトリストTSi3:小倉勇人の推しポイント

このタイトリストTSi3を選出した理由は、ハードヒッターに多い左のミスを怖がらなくていいドライバーというところ。

左のミスに強いフックしづらいクラブは、ハードヒッターに好まれる条件の一つですが、一般的にそういうクラブは難しく、つかまらないクラブという印象があります。

【スポナビGolf】

しかし、このTSi3のウェイトは、SureFit CGトラックというヘッド後部のウェイト位置を、5つの重心位置で選択することが可能になるので、物理的なつかまりも調整できます。

さらに弾道調整機能がネックにもあるので、フェースの向きやロフトによって細かい微調整もできます。

シャフトによってヘッドの特性は少し左右されてくるのですが、このTSi3はアジャスト能力もあり、自分自身でつかまえにいくと素直に動いてくれるので、つかまるのにつかまりすぎません。

実際このTSi3ドライバーは、USのツアープロが発表と同時に替えるくらい完成度が高く評価も高いので、興味がありました。実際打ってみて評価が高い理由が「つかまり具合」なんですね。

結構強振して、しっかりフックを打ちにいこうとすればフックは打てます。打てるんですが、自分自身が力んだり、失敗したと思ってもそれほど左に飛ばないんです。自分の中で強いフックてのは故意にやればできても、ミスしたときの強いフックという印象がないんです。

おすすめのユーザー

アスリート志向や競技志向の人で、左のミスを嫌がる人はこのTSi3を持っている人が多いです。プロも長く使っています。今、左のミスが怖い、どうしても左のOBがでてしまう、左のミスが嫌な人はTSi3をぜひ一度試してみてください。

【スポナビGolf】

タイトリストのドライバーをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧