一発の飛びを狙うならこのクラブ!タイトリスト「TSi1 ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

タイトリストが2021年春に発表した、TSiシリーズの追加モデル「TSi1・TSi4」。今回は、タイトリスト「TSi1ドライバー」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打して、その特徴を解説していただきました。

タイトリスト TSiシリーズ

「TSi」というシリーズはウッド類を含めたブランドです。

現状ドライバーはTSi2とTSi3の2モデルが基本のモデルとなってます。

TSi2は直進性を重視したモデルで、TSi3はどちらかというと操作性重視で、しっかり叩いていけるアスリートモデルです。

【スポナビGolf】

今回、TSi1と別にTSi4というモデルが追加されました。この2モデルはどちらもセレクトストアモデルで、一般の人がすぐ買えるモデルではなく、よりこだわる方々に向けたモデルとして作られてます。

タイトリストTSi1の特徴

TSi1の特徴は軽さです。ウルトラライトウェイト設計で非常に軽量にできてます。

【スポナビGolf】

Sで270g台で、一般のアベレージゴルファー向けくらいの軽さです。

しかし、アベレージゴルファー向けのクラブではなく、どちらかというとある程度球を捕まえられる方がしっかり振って、ヘッドスピードを高めてより飛距離に繋げるための軽量化設計なので、パワーが無い人のために軽量になってるわけではないです。

性能は、TSi2に近い直進性を高めた仕様にはなってますが、軽いという点を除くと基本アスリート向けにできてます。

象徴するのがボールのつかまりです。決してボールをつかまえてくれるようなやさしいモデルではなくて、ある程度自分がボールをつかまえて、しっかり狙ったところに打ち出るような性能になっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

このクラブのすごいところは、軽量のクラブにありがちな欠点を、低重心設計やフェース面にタイトリストが初めて使用したATI425というチタン素材、振りまけないTSR013 45シャフトなどによって、少ないパワーでヘッドスピードを高めて、きっちり飛距離に繋げられるような仕様になっている点です。

おすすめのユーザー

できるだけ重くすると安定したスイングができると思ってますが、中には強く振って一発の飛びを出したい人や、軽い方が安定する人もいます。そんな人の選択肢を増やしニーズに合わせて、よりアスリートが満足できるように作られたクラブです。
私自身はちょっと軽すぎるなと正直思っていますが、例えばドライバー1本だけ振り回してゴルフをするなら、軽い方が一発の飛びは期待できると思います。

ヘッドスピードが出た方が飛距離に繋がりやすいので、他のクラブが軽い人は1本持っておくと楽に飛ばせると思います。若いころバシバシやっていたけど、最近パワー落ちてきた人にはオススメのクラブです。

ある程度ボールをつかまえられる方であれば幅広いゴルファーが使えますし、アスリートの細かいニーズに応えられる1本だと思います。ただ、一発の飛びを狙うなら充分アリです。

【スポナビGolf】

タイトリストのドライバーをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧