日本人向けに開発されたハイスペックウェッジ!タイトリスト「VOKEY FORGED ウェッジ」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回は、タイトリストが日本専用として設計した「VOKEY FORGED ウェッジ」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打。その特徴を解説していただきました。

ボーケイ フォージド ウェッジ(2021)

タイトリスト VOKEY FORGEDの特徴

タイトリストのVOKEYシリーズで有名なのは、SM7・SM8など「SM」のイニシャルをもつスピンミルドシリーズのウェッジ。これらは海外でも展開されていて非常に有名ですが、このVOKEY FORGEDは日本のゴルフ場の土壌や芝質を分析して、日本人が扱いやすいように設計された日本専用モデルになっています。

【スポナビGolf】

フォワードCGという複合素材同時鍛造で、ロフト・バウンス・グラインドごとに重心を最適化しています。

【スポナビGolf】

サンドウェッジなど56°以下のものは重心を少し高めにしてスピンを追求しています。

ギャップウェッジと呼ばれる48〜52°などは重心をあまり高くし過ぎないで、安定した距離が打てるように、重心位置をロフトごとに調整している凝った設計になってます。

タイトリストのこだわりの一つでもあるソールの形状やバウンスも、モデルごとに数多く用意されていて、ゴルファーが好みに合わせて選びやすいようになっています。

基本性能としてロフトごとの重心設計とか、球をしっかり安定して拾う、クリーンに球を捉える、という性能を真面目に丁寧に追求したウェッジです。

打感やフィーリングを重視する日本のゴルファーに合わせたフォージドになっていると思います。

試打で感じた特徴

スピンミルドシリーズでもフィーリングがよく打感も良いんですが、このVOKEY FORGEDは、よりフェース面に乗ってるように感じます。タイトリストの浅重心の効果なのか球とのコンタクトがしやすく、クリーンに打ちやすいと思いました。

薄い芝やライの悪いところでも、安定して拾っていけるのでかなり扱いやすいです。

上級者のような技術の高い人向けウェッジのイメージがありますが、技術がない人も直感的でやさしいウェッジです。ウェッジがうまくなりたい人に手にぜひ取ってもらいたいなと思います。

【スポナビGolf】

ボーケイ フォージド ウェッジ(2021)

口コミ

総合評価 ★★★★★☆☆ 5.3口コミ8件

DEION2
年齢:59歳 性別:男性 ゴルフ歴:11年~15年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:80~84 平均ラウンド数:週一でプレーしてます
かなり安く出回りだしたので、試打クラブもあり、買う気満々でMグラインド打ちました。結論過去サイテーです。売れないはずだ。この手は打感が命のはずなのに固い。ダイレクト感なし。悪い意味でボールが滑る感じがします。いくら安くて… [続きを読む]
Futu
年齢:41歳 性別:男性 ゴルフ歴:1年~3年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:月1くらいかな
。同機種の3世代前の48度がショップで格安で買ってみたら最高だったのでサンドをSM8から買い替えました。良かった点- 形状が好き- とても構えやすい- 止めやすい微妙な点- 価格打感は柔らかいというよりスコッやスカッと気… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

タイトリストのウェッジをチェック!

SM8 ウェッジ(ツアークローム)

ボーケイ SM7 ウェッジ(ツアークロム)

ボーケイ・デザイン SM6 ウェッジ(ツアークローム)

ボーケイ・デザイン フォージド ウェッジ(2019)

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧