【絶好調】小祝さくらプロの使用クラブセッティング&ボールに注目!

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2020-21シーズン5勝、2021年8月29日時点(ニトリレディスゴルフトーナメント終了時点)で賞金ランキング1位と、絶好調の小祝さくらプロ。好調を支えるクラブとボールに注目してみました!

小祝さくら使用クラブ&ボールをチェック!

ドライバー:スリクソン ZX5(9.5°)
特にZX5は、まさに今の海外ブランドの主流で、できるだけ直進的で、シンプルに飛距離を追求したい人向けのクラブ。構えたときはシャープで振り抜きやすいイメージを持ちながら、実際打ってみると曲がりにくいギャップのあるクラブだと思います。そこのギャップをしっかり理解してれば、気持ちよく構えられて結果も出る、非常に考えられた上級者にオススメのクラブです。
フェアウェイウッド:スリクソン ZX(#3、#5)

構えた感じがシェイプな三角形です。ドライバーとは構えた雰囲気が少し違いますが、逆に従来より薄くなってる感じがして、球を上げやすいというのが伝わってきます。

3番ウッドはライトウェイトカーボンクラウンが入っていて重心を下げています。5番・7番には入ってないので、特に3番ウッドで球を上げやすくするという効果を狙ってるのかなと思います。

スリクソン ZX フェアウェイウッド

ユーティリティ:スリクソン Z H85 ハイブリッド

ヘッドの大型化と更なるフェースの薄肉化によって反発エリアを拡大し、安定した方向性を実現。

クラウン部分に段差をつけたステップクラウンを採用したことで適切な重心設計が可能となり、高い打ち出しと安定したスピンでグリーンを狙えます。
アイアン:スリクソン Z585 アイアン

フェース周辺に溝を設けた「スピードグルーブフェース」によりフェースがたわみやすくなり、反発性能が大きく向上。
飛距離性能も許容性も高い、ポケットキャビティ型アイアンです。

ウェッジ:RTX-3 ウェッジ (ブレードタイプ)

重心位置をフェースセンターに近付け飛距離性能や方向安定性、スピン性能、そして打感を向上させた「フィール・バランシング・テクノロジー」、抜けの良さとキレの良いショットを生み出す「NEW Vソール」、あらゆるショットでスピン量を最適化する「第3世代のローテックスフェース」が特長。
ボール:NEW スリクソン Z-STAR XV

一番飛ぶツアーボールという方もいらっしゃる通り、とにかく飛びます!かつ、グリーン周りでのアプローチのスピンや、アイアンショットでボールをコントロールするボールを目指して作られている日本の代表的なボールブランドです。

Z-STAR XVは、硬めなちょっと高い音がします。初速も出て、ほんの少し打ち出しが高い。スピンが欲しいけどやはり飛ばしたいというときに選択肢として試していただくと良いボールです。

NEW スリクソン Z-STAR XV ボール(2021)

※クラブセッティングは過去のデータを参考にしてます。実際の試合では異なる場合があります。

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧