50〜60歳代ゴルファー必見!ティーチングプロが教える飛距離アップのコツ

スポナビGolf

【スポナビGolf】

50〜60歳代のゴルファーの皆さん、飛距離アップをあきらめてはいませんか?今回はティーチングプロの石井良介さんに、50〜60歳代のゴルファー向けに、飛距離アップできるおすすめドリルを2つ紹介していただきます。

50〜60歳代の飛距離減の理由

ドリルの前のストレッチ
「10年前、20年前と比べると最近飛ばなくなったんだよね」という多くのゴルファーが、スイングのサイズが小さくなっていると思います。

柔軟性や筋力が落ちたことが原因で球が飛ばなくなってしまった方に、「自分の体のスイングできる最大のアークをもう1回確認しよう」をテーマに、今から簡単なドリルを紹介したいと思います。

50〜60歳代向け飛距離アップドリルその1:ストレッチ編

【スポナビGolf】

自分の体を回すということができてることが、前提にお話しします。

【スポナビGolf】

ご自身の右手でクラブを持つ。      

【スポナビGolf】

右手で大きくテークバックする。     

【スポナビGolf】

右手の位置まで頑張って左手を添える。

石井ポイント
このストレッチをすることで、自分の体で作ることができる最大のトップ位置をイメージできると思います。

【スポナビGolf】

右手の位置まで左手を持ってこれない場合は、右手を少し下げても良いと思います。

【スポナビGolf】

反対に左手だけでテークバックすると、容易に右手を添えることができるんです。

石井ポイント
どちらの手を主導にテークバックするかによって、体を動かせる幅に差があるのが理解できるのではないかと思います。

【スポナビGolf】

次は反対です。インパクトをして、左手のみで頑張ってフィニッシュの姿勢を取る。

左手の位置に右手を添える。これは結構大変だと思います。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

そこで右手でフォローすると、体の近いところに右手があるので容易に左手を添えることができます。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

石井ポイント
体の動きが小さくなると、クラブを体の近いところでスイングしてしまいます。自分の体の近いところで打って終わってしまっている方は、飛距離を伸ばすための十分な加速を得ることができません。

自分の体が作れる最大のスイングサイズを確認

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

右手の方で大きくテークバックして、左手を添えてインパクトする

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

今度は、左手のみでフィニッシュの姿勢を取り、右手を添える。

石井ポイント
50〜60歳代のゴルファーの方で球が飛ばなくなった方は、体の動きが小さくなっているのかもしれません。自分が一番大きくスイングできるところはどこか、確認していただきたいと思います。

球が飛ぶ原理

自分のスイングの最大のサイズを思い出した方、飛距離をあきらめないに、球が飛ぶ原理をおさらいしたいと思います。クラブを振る速さだけが球を遠くへ飛ばすわけではないです!

球を遠くへ飛ばす三要素
・ボール初速:ボールがどれくらいの速さで飛び出しているか。
・ボールの打ち出し高さが適正か。
・バックスピン量は適正か。

自分で努力できる要素としては、ボール初速を上げることが手っ取り早いです。そのためには、自分のスイングの速さを上げること。
今のヘッドスピードよりも速く振ることができれば、より効率のいい当て方をすることができるので、今よりも飛距離がアップにつながると思います。

50〜60歳代向け飛距離アップドリルその2:ヘッドスピード編

【スポナビGolf】

クラブのヘッド部分をグリップします。  

【スポナビGolf】

この状態でクラブのシャフトグリップ側を速く振る。

【スポナビGolf】

振ったときビュンッという音が自分の左側から聞こえてくるようにする。

右側で音が鳴る場合は、切り返しで力んでしまいインパクト時に減速している可能性が高いのですが、インパクトしたあと左側でビュンッと音が鳴るような、クラブが加速するようなスイングを意識して振ってみてください。

【スポナビGolf】

ヘッドの方を持って5〜10回ほど振ったら、体が速く振ることを覚えているうちに通常のグリップを持ってしっかりスイングをしてみてください。これでヘッドスピードが1m/sくらい速くなるんじゃないかと思います。

飛距離をあきらめるのはまだ早い!50〜60歳代におすすめのクラブ

【スポナビGolf】

・ヤマハ インプレスUD+2 ドライバー
・ヤマハ インプレスUD+2 アイアン
・タイトリスト TS1 ドライバー
・タイトリスト T400アイアン
・マジェスティゴルフ マジェスティロイヤルドライバー

ドリルと共に、飛距離アップにつながるクラブもぜひ試してみてください。

マジェスティ ロイヤル ドライバー(2021)

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧