ティーチングプロがアドバイス!アウトサイドインのスライスの悩みを解決するコツ

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回ティーチングプロの石井良介さんが、アウトサイドインのスライスに悩んでいる方に簡単なワンポイントアドバイスとドリル&おすすめクラブを紹介します。スライスに悩んでいるゴルファー、必見です!

スライスとは?

スライスは大きく分けると2種類あるので、ご自身はどちらのタイプかを確認しましょう。

【スポナビGolf】

インパクト時にクラブの軌道に対してフェース面が右を向いてしまい、球が右方向に曲がってしまう状態をスライスと呼んでいます。

【スポナビGolf】

スライスでも、アウトサイドインのスライスは、クラブヘッドの軌道が球に対して、体の外側から内側に入ってしまう状態。ボールは左に飛び出て右に大きく曲がる方もいれば、まっすぐ飛び出てから右に曲がる傾向になるタイプの方もいます。

【スポナビGolf】

逆に、インサイドアウトのスライスは、クラブヘッドの軌道が球に対して体の内側から外側に入ってしまう状態のタイプの方がいます。

アウトサイドインの傾向と原因

【スポナビGolf】

クラブがボールと目標を結ぶ飛球線に対して、外側から左に振ってしまうことによるカットのスライスに悩まれている方に向けてのアドバイスします。

まず、ゴルフクラブというのは、構えたときに自分の体があってボールが自分の前にあるわけです。ここでゴルフクラブは斜めになっているのを理解してください。

【スポナビGolf】

石井ポイント
斜めに構えているクラブを斜め後ろに上げて、斜め前に戻してくるとこれはアウトサイドインにはなりません。

【スポナビGolf】

アウトサイドインの原因
クラブを後方に上げた後、手が前に出た状態で球に当てようとするとアウトサイドインの状態になってしまいます。

アウトサイドインの傾向
アウトサイドインのスライスの特徴は、左に横滑りするようなボール、低く飛んでから右に曲がる球になりやすいです。
アウトサイドイン気味の方が、フェースを閉じる練習をすると引っ掛けに悩む傾向になります。

スライス改善ドリル

【スポナビGolf】

アウトサイドインでボールが左に飛び出てから真ん中に帰ってくる、または、まっすぐ出てから少し右に曲がって行くようなスライスに悩んでいる方は、自分のお腹の前でまっすぐに構え、クラブを地面と平行に背中へ上げて前に戻します。

【スポナビGolf】

このときにシャフトが地面と水平である方が望ましいです。

【スポナビGolf】

真後ろに上げて真ん前に戻してくる。   

【スポナビGolf】

クラブないときは、手を体正面に出して、後ろに下げて前に戻す動きの練習をイメージします。クラブを持ったときは、後ろに上げて前に戻す動きを練習します。

【スポナビGolf】

ボールに対して構えるときは、斜め後ろにクラブを上げて、斜め前にクラブを戻す。こういった打ち方で打つと割とスライスはすぐ抑えることができます。


【スポナビGolf】

斜めに構えたクラブを自身の背中へ、斜め後ろに上げて斜め前に戻す。自分の体を中心にクラブを回転させる動きをすることを理解していくと、あなたのスライスは直るかもしれません。ぜひ試してみてください。

アウトサイドイン気味スライスの方にオススメのクラブ

【スポナビGolf】

・ヤマハ インプレスUD+2
・ブリヂストン TOUR B JGR
・PING G425 SFT
・ダンロップ ゼクシオ イレブン

石井ポイント
クラブを水平に振るドリルを練習場で試すとき、高い球を打とうとしないで、イメージとしたら自分の正面に向かってピッチャーライナーを打つイメージで練習してみてください。

構えたときに後ろに上げて前に戻す、そのときに低めの球をイメージしたスイングしていくと、明日のゴルフでいきなりスライスが直るかもしれません。

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧