【試打計測】飛距離も出てミスにも強い!テーラーメイド「SIM2 MAX OSアイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回は、テーラーメイド「SIM2 MAX OSアイアン」をティーチングプロの石井良介さんが試打計測。その感想を語っていただきました。

テーラーメイド「SIM2 MAX OSアイアン」

前作のSIM MAX OSアイアンも完成度が高く、ブリッジの部分が中空構造で、球も上げやすく飛距離も稼げるアイアンでした。それまでアイアンが苦手だった方も良い結果を出していて、SIM MAX OSアイアンってすごいなと思っていました。

そこで今回の最新作が登場して、スペース部分が埋まっていて、見た目もカッコイイなと思ってみてます。

試打での感想

試打で使用したクラブ:7番 ロフト角25.5度。

前作のSIM MAX OSアイアンが7番アイアンで26度。今作のSIM2 MAX OS7番アイアンは25.5度。0.5度立っていて、その辺りが飛距離や弾道の違いにどうつながってくるのか試してみたいと思います。

【スポナビGolf】

SIM2 MAXアイアンと比べて、スマッシュファクターはそこまで出てませんが、いきなりキャリーで5〜10ヤードくらいの距離が出ています。

インパクト時のロフトもそれほど変わってないのに、少しSIM2 MAX OSアイアンの方が飛んでます。

【スポナビGolf】

180ヤードくらい飛んでます。SIM2 MAXのアイアンを打ってからSIM2 MAX OSアイアンを打ってますが、ロフトが立ってますが球の打ち出しは少し高いです。

ロフトが立ってるん分だけスマッシュファクターは出ていますが、キャリーで180ヤード飛んでいってしまいます。これだけ球が浮いてくれて、飛距離も出てミスにも強いですし、打点のブレなどに対する寛容性は高いと思います。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

7番でどれくらいの距離を狙っていきたいのかを加味しながら、SIM2 MAXアイアンかSIM2 MAX OSアイアンかを選ぶといいと思います。

自身のスコアを上げるために、どのような機能があったらよりやさしくゴルフができるかを考えて選ぶと良いと思います。その中で球を上にあげてくれる、ミスに強くて飛んでくれるモデルがやさしいと思う方はSIM MAX OSアイアンをおすすめしたいと思います。良いクラブです。

【スポナビGolf】

テーラーメイドの人気アイアンをチェック!

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧