【試打計測】進化を感じる新世代のアイアン!キャロウェイ「APEX PRO アイアン」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

今回は、キャロウェイ「APEX PRO アイアン」をティーチングプロの石井良介さんに試打計測してもらい、その感想を語っていただきました。

APEX PRO アイアンを試打(使用したクラブ:7番ロフト角33度)

見た目のデザインはマッスルバック軟鉄鍛造の一枚物のクラブに見えますが、中空構造になっています。上から見たときのシルエットもシャープで、とても中空構造には見えないカッコイイアイアンだなというのが第一印象です。

7番アイアンでロフト角33度で、最近のアイアンの中では少し寝ている方です。

わざわざ、7番アイアンロフト角33度のものを中空構造にしたメーカーの意図を考えながら打ってみます。

【スポナビGolf】

ほんの少し金属的な高めの打音がしますが、それ以外はむちっと柔らかい感触です。

しっかりスピン量が入って球が上がりやすいところは、中空構造にすることで球の上がりやすさを作っていると思います。ブレードの一枚物のアイアンに求める機能を中空にすることで、よりその性能を引き出そうというのが分かります。

【スポナビGolf】

ちょっと振ると7番アイアンで160ヤードくらい飛びますね。

普段使っている7番アイアンのロフトが30〜31度くらいのクラブで、2度寝ていて160ヤードくらい出てくれます。

球の高さ、スピンの入り方をみていると、今回の試打では「Dynamic Gold(S200)」を使用しましたが、自分のシャフトで打ったらもう少し振れてもう少しキャリーが出るのかなと思います。

打感も良いし、距離もちゃんと出てくれて弾いてくれる、スピンもちゃん入っている。見た目はブレード型となんら遜色なくカッコよく構えられて、実は中にはいろんな最先端の機能が入ったクラブができたんだなと思うと、クラブがどんどん進化しているのを感じます。

【スポナビGolf】

ほんと球の高さがしっかり出ますね。スピンもちゃんと入ってます。ほとんどのボールも自分が狙った弾道になっているので申し分ないと思います。

フック系に試打

【スポナビGolf】

フック系のボールを打ちます。軽くフックしてます。

スライス系に試打

【スポナビGolf】

少し右に曲がってます。こういったことがすごくしやすいです。

マッスルバックと比べると曲がり幅が少し小さいかもしれませんが、一枚物のクラブよりは中空構造によって寛容性が上がっています。

芯の広さや球がそこまで大きく曲がらない要素はあるけど、操ることはできる。ほんとに新世代のアイアンだと思います。

【スポナビGolf】

特筆すべきは、先ほどのスピン量。いまスライス系ボールで6861回転、キャリーが156.6打ってますが、フック系のボールの場合でスピンが6267回転入っています。スライスでもフックでもきちんとバックスピンが入っています。

通常スライスの方がスピンが多くグリーンにボールを止めやすいと言われますが、このAPEX PRO アイアンだったらフック系のボールもスピンがしっかり入ってボールをグリーンに止めることができます。ちゃんとスピンが入ってくれるところがこのアイアンの特徴だと思います。ぜひ一度試してみて下さい。

キャロウェイのアイアンをチェック!

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧