クラブフィッターおすすめブレード型パター!オデッセイ「トゥーロン CHICAGO」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

クラブフィッターの小倉勇人さんにおすすめのブレード型パター、オデッセイ「トゥーロン CHICAGO」をご紹介いただきました。クラブの特徴やおすすめポイントをぜひ参考にしてみてください。

トゥーロン パター CHICAGO(2020)

オデッセイ「トゥーロン CHICAGO」の特徴

トゥーロンというモデルは、オデッセイの高級ライン。非常に手間をかけた仕上げも美しく、機能も揃ったモデルになっています。

【スポナビGolf】

CHICAGOは幅の広いブレード型で、重心を深くし、ミスに強いヘッドに仕上げていて、非常にきれいに丁寧に作られています。

【スポナビGolf】

フェース面にインサートはなく、ダイアモンドミルフェースという溝を入れることで柔らかい打感になっています。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

通常のブレード型はクランクネックですが、このモデルはシャフトを曲げて作るベントネックを採用しています。ベントネックにすることでヘッドの引っ込み具合を調整できます。

【スポナビGolf】

クランクネックはシャフトの右側にフェース面が揃うようにできています。ベントネックも同じように曲げていますが、ネックがない分、重心を低く作ることができます。

【スポナビGolf】

重心を低くすることで、水平やアッパーブローにスイングしやすくなり、芯に当てやすくなります。オフセットしてる分、ダウンブローに打っても問題はないので、クランクネックよりも使い手を選ばないパターに仕上がっています

ワンポイント

【スポナビGolf】

本来ベントネックはフェースバランスが多いのですが、このパターはベントネックですが操作性のあるトゥ側がたれるバランス(トゥヒールバランス)になっています。

これはクランクネックと同じなので、クランクネックを普段使っている人も違和感なく使えて、アッパーブローにスイングできます。

芯が少し低いので、打ち損じの多い人も芯で打ちやすいです。

試打の感想

重心が深いため、やさしく仕上がっている印象です。ミスに強く、ベントネックにすることでヘッドを低く動かしやすく、芯に当たる確率が上がる印象をもちました。

おすすめユーザー

意外とこういうモデルを探している人は多いのではないかと思います。

やさしいベントネックを探すとどうしてもフェースバランスになってしまうし、マレットの大きい物が多い。ヘッドを低く振りたい人、ダウンブローのイメージが湧かない人向けには、ネックがなくてしっかりターンしてくれる物は意外とないので、ビシッとハマる方がいらっしゃると思います。ぜひ一度試してみてください。

トゥーロン パター CHICAGO(2020)

口コミ

総合評価 ★★★★★★★ 7.0口コミ1件

X mi
年齢:45歳 性別:男性 ゴルフ歴:6年~10年 平均ヘッドスピード:41m/s~45m/s 平均スコア:90~99 平均ラウンド数:月1くらいかな
軟鉄ヘッドに、ストロークラボの組み合わせが気になり検討開始。いろんなモデルを試しましたが、引っ掛けたり押し出したり、距離感合わなかったり。カスタムオーダーまで考えてましたが、食わず嫌いのダブルベントがドンピ!ややワイドな… [続きを読む]

口コミ一覧を見る

オデッセイのパターをチェック!

トゥーロン パター SAN DIEGO(2020)

トゥーロン パター ATLANTA(2020)

トゥーロン パター SEATTLE(2020)

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧