サイズ以上にやさしい!テーラーメイド「スパイダー EX パター」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

海外の多くのツアープロが愛用するテーラーメイド。中でも高い安定性と構えやすいパターとして人気の「スパイダーシリーズ」。そこで今回、クラブフィッターの小倉勇人さんに、「スパイダーEXパター」を試打してもらい、その特徴を語っていただきました。

Spider EX ゴースト ホワイト センターシャフト

スパイダーシリーズについて

スパイダーシリーズは、ほとんどのゴルファーが触ったことがあるのでは?というくらいメジャーなシリーズになりました。投影面積を大きくし、重心を深くすることでオートマチックに振りやすく、ミスに強いマレットタイプとして人気のモデルです。

スパイダーEX:最大の特徴

【スポナビGolf】

スパイダーEXは、スパイダーの中では小ぶりな投影面積で操作がしやすいイメージがあり、色のバリエーションも豊富。所有感までこだわることができるモデルです。

【スポナビGolf】

今回、スパイダーEXにセンターシャフトモデルが追加されました。

【スポナビGolf】

ネック形状は、以前からあるシャフトが曲がって入っている「シングルベント」。

【スポナビGolf】

小さいネックがヒールよりに付いている「ショートスラント」。

【スポナビGolf】

ショートスラントよりネックが少し長いモデルの新しい「フローネック」。

【スポナビGolf】

そして今回の「センターシャフト」があります。

マレットで考えられるネック形状のほとんどをラインナップしているので、好みで自分が振りやすいものを選びやすく、細分化されているのはユーザーとしてすごくありがたいことです。

フォルムの特徴

【スポナビGolf】

基本性能も、フェース面のインサートも「ピュアロール2」に進化しています。アルミと樹脂の素材は変わってないのですが、溝に45度の角度をつけ、インパクト時にしっかりボールをつかまえて滑りにくくすることで、順回転の強い転がりが打ちやすくなってます。

重心も深くミスにも強い設計になっていて、色・形状・ネック形状による振り心地の違いなど、細かく選択できるところもスパイダーの人気の理由のひとつだと思います。

ワンポイント

今回追加されたセンターシャフトのメリットは、シャフトの延長線上に芯があること。ベントシャフトも基本的には芯の一直線のところにあるのですが、曲がってる分少し振り心地がダイレクトではありません。

センターシャフトはラケットやバットのように直感的に当てやすいというのが一番のメリット。その分ちょっと鋭敏に動きやすいところがあるので難しいと感じる人もいます。ここは、好みで良いと思います。

おすすめのユーザー

このスパイダーEXは小ぶりでありながら重量があるので、ゆったり振る人に合うと思います。

少し速めのテンポで動かしたいという人は少し軽めのものの方が使いやすいので、EX以外のシリーズで軽めの設定のモデルを試してみてはいかがでしょう。

Spider EX ゴースト ホワイト センターシャフト

スパイダーEXパターのラインナップをチェック

Spider EX ゴースト ホワイト フローネック

Spider EX ネイビー ホワイト シングルベンド

Spider EX ネイビー ホワイト スモールスラント

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧