操作性のあるやさしいモデル!PING「2021 パター OSLO H」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

PINGがツアープロの要望を集約した新作「2021パター」を発売しました。その中で今回は、抜群の構えやすさと安定した転がりが特徴の「OSLO H」について、クラブフィッターの小倉勇人さんに解説していただきました。

形状の特徴

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

やや大きめのマレットになってますが、少し後方を隠すと形状がほぼブレードタイプです。

トゥ・ヒールの重心をしっかり分けたかたちで作っているので、ブレードタイプを使っていた人でも違和感なく構えやすいのがメリットです。

【スポナビGolf】

【スポナビGolf】

PINGの新作2021パターは、3つの作り分けをしてます。ボディのネックなど見える部分を軽量なアルミニウムでつくり、ソール部分には比重の重いプレートを使うことで重心が低く深い仕上げになっています。インパクト時にミスに強くヘッドがブレにくい構造になっているのです。

ブレードの構えやすさと、マレットの投影面積が大きくミスに強いメリットを追求して、1つのモデルに仕上げているという印象を受けます。

このモデルはPING契約の鈴木愛プロも使用していて、非常に使いやすいとホームページの動画でも説明されています。

試打の感想

【スポナビGolf】

実際打ってみると、非常に構えやすいく目標に対して向きやすいです。クランクネックの角のラインやサイトライン、クラウンの溝によって目標に構えやすいパターです。

【スポナビGolf】

2021パターの共通であるPEBAXというインサートを使ってます。表側を少しソフトなPEBAXで、後ろは少し硬めの同じ素材のPEBAXの二重構造にすることで、しっかりとした打音と絶妙な打感を作っています。

全モデル統一のインサートで打感が変わらないので、状況に応じてパターの使い分けもやりやすいと思います。

おすすめのユーザー

【スポナビGolf】

両手で支えるとフェースバランスの効果ではなくてトゥ側が垂れるセミアークタイプに分類されるので、完全なオートマチックではなく操作性もある仕様になります。

自分で操作したいけどやさしいパターが欲しい、構えやすいパターが欲しい人にはぴったりのパターだと思います。ぜひ一度試してみてください。

PINGの2021パターをチェック!

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧