老若男女ぶっ飛ばせる!「マジェスティ ロイヤル ドライバー」

スポナビGolf

【スポナビGolf】

高級感があり海外からも評価の高い、マジェスティブランド。そこで今回は「マジェスティ ロイヤル ドライバー」を、クラブフィッターの小倉勇人さんに試打してもらい、その感想と特徴を語っていただきました。

マジェスティ ロイヤル ドライバー(2021)

マジェスティ ロイヤル ドライバーの特徴

細部まで凝った高級感ある仕上げで、日本はもちろん海外からも非常に人気のあるブランドです。

どちらかというと、アベレージのゴルファーが所有感を持って楽にプレーをしていくというイメージがあるんですが、実は非常に飛びの要素を持っています。高級感がありつつもしっかりと作り込まれ、結構ビックリするくらいな仕上がりになってます。

性能の特徴

【スポナビGolf】

軽量なカーボンクラウンにより低重心化を追求しています。

【スポナビGolf】

フェース面も非常に凝った仕様にはなってますが、低重心のチタンヘッドになっているのでとても強い低スピンのボールが打てます。重心が低いということは高弾道にもなりやすいのでボールもしっかり上がってくれます。

シックに仕上げた仕様からは想像がつかないようなかなり強い弾道が出る、良い意味でギャップのあるクラブだと思います。

【スポナビGolf】

ロフトは9.5°から11.5°までバリエーションがあるので、ヘッドスピードの低い方でもロフトをちゃんと選べば、高打ち出し低スピンの強い飛距離の弾道が打てると思います。

幅広いロフト角により、アベレージユーザーが飛距離を出せる仕様になっていて、腰のあるシャフトによって強い飛距離の弾道につなげるような設計です。

【スポナビGolf】

シャフトは46.5インチで割と長め。楽に打てる軽量仕様の他にハードヒッターの方がしっかり打っていっても強い球が打てるような、振り抜きの異なる2種類が用意されているので、対象ゴルファーを広くしています。

LV-540シャフト

【スポナビGolf】

MAJESTY LV-540という比較的軽量のシャフトが入っています。ただ、フレックスRでもかなりしなやかでゆったりしたヘッドスピードでもヘッドを走らせてくれて、ヘッドスピード40後半の人が強振してもしっかりしなって戻ってくれます。強振しても緩やかに振ってもしなり具合が変わらない、とてもタイミングの取りやすいシャフトです。

実際打ってみても、正直フレックスRでも良いかなと思うくらい振れるんです。45〜46のヘッドスピードでも強い弾道が打ててタイミングが取りやすいです。

LV-540 TOUP-Sシャフト

【スポナビGolf】

今回のマジェスティ ロイヤル ドライバーがすごいところは、ハードヒッター向けにわざわざ別のMAJESTY LV-540 TOUR-Sというシャフトが用意されているところです。このシャフトに使用しているボロンファイバー素材によって、強振してもつぶれないシャフトになっています。

ヘッド自体は同じです。9.5°のものにも付けられるシャフトなので、強く振ってもシャフトがつぶれずエネルギー効率が良く、メチャメチャ強い球が打ちやすくなってます。

アスリートがしっかり使える仕様になっているので、別ブランドで作っても良いのではと思うほどしっかり作り込まれたクラブです。

おすすめのユーザー

マジェスティ ロイヤルというブランドは、アベレージエンジョイゴルファーが所有感を与える印象を守りつつ、ヘッドスピードが速い人でもエネルギー効率の高い球が打てるクラブに仕上がっているので、老若男女問わず一度試して欲しいと思います。

【スポナビGolf】

マジェスティ ロイヤル ドライバー(2021)

マジェスティのドライバーをチェック!

マジェスティ ロイヤル ドライバー

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポナビGolf

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧