いつでもゾーンに入れる?アスリートや経営者も実践しているダイナミックな「脳トレ」とは

ココカラネクスト

【(c)CoCoKARAnext】

 メディテーションには、一般的には、坐って、心を落ち着ける行為のようなイメージがあることでしょう。確かにそれが主流であることは、間違いありません。しかし、メディテーションの技法や本質はもっとダイナミックなものです。

メディテーションとは?

 メディテーションを定義づけるのは、なかなか難しいことではあります。しかし、誤解を恐れずに一言で言うならば、「メディテーション」とは、その方のパフォーマンスをあげたり、夢を叶えたり、一人ひとりが目的を達成するための「脳のトレーニング」だと言うことができるでしょう。

 パフォーマンスが上がらなかったり、すぐに不安になってしまう方は、脳にそのような状態が起きるパターンが書き込まれているのです。言い換えれば、脳の神経回路ネットワークの中で、パフォーマンスを下げたり、不安になる状態を引き起こす部位がよく働く機能構造があるだけなのです。ごくごくシンプルなことなのです。

なぜ、不安になるとパフォーマンスが上がらないのか

 パフォーマンスが上がらない方は、不安に駆られたり、そもそもIQが低かったりで、脳が高度な情報処理ができない状態であるだけ。

 その状態は、神経科学で説明できます。大脳は二層構造で、内側を「大脳辺縁系」、外側を「大脳新皮質」と言います。そして、大脳新皮質の中でも前方の箇所を「前頭葉」、その中でもさらに高度な情報処理をしたり、集中したりするときに働く部位を「前頭前野」と言います。

 パフォーマンスが高い状態は、この前頭前野がしっかりと働いている状態で、パフォーマンスが低い状態は、この前頭前野がしっかりと働いていない状態とされています。そして、前述した「大脳辺縁系」が働くと、その中にある「扁桃核」という部位が刺激されて、「ストレス反応」が始まります。こうなると、不必要な不安に襲われたり、ストレスに苛まれている状態になってしまうのです。この「大脳辺縁系」が働くと、ハイパフォーマンスに必要な「前頭前野」の活動が抑制されてしまうのです。

 逆に「前頭前野」が働くと、パフォーマンスを下げてしまう「大脳辺縁系」の活動が抑制されます。そして、メディテーションで集中している際は、この「前頭前野」が働いている状態のため、「大脳辺縁系」の活動が抑制されて、パフォーマンスの高い状態が維持できると考えられています。

メディテーションは非常にダイナミックな「脳のトレーニング」

【(c)CoCoKARAnext】

 脳は使えば使うほど、その機能を増していくとされています。メディテーションを習慣化することで、脳の神経はどんどん繋がり、また拡張して、ハイパフォーマンスを実現する「前頭前野」が、さらに自然と使われるようになるといわれています。

 マインドフルネスという名の下で行われているメディテーションは、主にストレスを減らすために行われますが、これも前述の説明で、なぜ、マインドフルネス・メディテーションでストレスが低減するのかは、おわかりいただけると思います。

 トレーニングすることで、いつでもゾーンに入れたり、気持ちの切り替えができるようになったり、パフォーマンスの高い状態を維持することができるようになるはずです。優れたアスリートや、高度な情報処理による判断を要求される経営者は、メディテーションを生活に取り入れて、脳のメンテナンスをしているのです。

 ぜひ、あなたもメディテーションの実践を習慣化して、脳を鍛え、人生の質を圧倒的にあげてみてください。

[文:中島正明]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません


中島正明(ZONEメディテーション(R) 考案者)
6万人の指導実績、2千人以上の講師輩出実績を持つ、ヨガ・瞑想指導のプロフェッショナル。
結果の出る、科学的かつ包括的なアプローチには定評があり、ヨガ瞑想講師を育てる講師として、日々現場で指導に当たっている。
また、メンタルトレーニング、コーチング、気功整体なども専門とし、様々な学術的アプローチを用いたプライベートセッションも人気が高い。

全米ヨガアライアンス最高位資格E-RYT500保有
インド政府公認ヨガ講師
米国クリパルセンター公認クリパルヨガ・ティーチャー
ディマティーニ・メソッド(R)・ファシリテーター
苫米地式認定コーチ補
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ココカラネクスト

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

関連記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

新着公式情報

公式情報一覧